閑話休題・体重計のこと

皆さん、こんにちは。

穏やかな日和となっています京都です。

日中は少し暑いくらいですね。おかげで洗濯がはかどります^^


突然ですが、体重計をお持ちですか?

今の体重計は体重だけでなく体脂肪率や体水分率、筋肉の状態まで分かったり、スマホと連携できるハイテク機器です。我が家にある体重計は乗るタイプで、比較的簡易な体脂肪率とBMIが分かるものです。

体脂肪率に関して以前から疑問に思っていることが…。乗るだけでなぜ体脂肪率が分かるのでしょう。足裏に秘密があるのでしょうか?足裏にはクッションの役割をする脂肪がありますから、足裏で算出している?しかし、手に持って測る体重計もあるから違うようです。

ネットで調べてみると「脂肪は電流が流れにくい」「筋肉は電流が流れやすい」特質をいかして、「足裏から微弱な電流を流して、電流の流れやすさから体脂肪率を算出している」そうです。分かってしまうと「なるほどね~」という方法でした。

今回、体重計で分かる体脂肪率のカラクリと、インターネットを使えば簡単に疑問が解決してしまうのは少し面白味がないことが分かりました^^;

私は体重や体脂肪率の数値よりも、自分の身体の感覚の方が重要なんじゃないかと思います。自分で身体が重いと感じれば引き締めようと思えばいいし、身体が弱っていると感じれば鍛えればいいんじゃないかと。…言い訳がましいかしら(笑)

数値に振り回されず、ご自身の感覚も大切にしてくださいね。岸本優でした。