中敷と履き心地の関係!

皆さん、こんにちは。

昨夜から降り続いた雨がようやく止みました京都です。

本州を縦断中の台風18号はすでに石川県近く。京都は早くも台風一過の晴れ模様です!

今年は残暑がなく盆明けからすぐに涼しくなり、9月の初旬というのに秋の気配を感じます。街中も秋冬のイメージになってわくわくしますね。

毎年言っていると思いますが(笑)早くニットが着たいな~。


「中敷を入れるだけで履き心地が変わるんですか?」と聞かれることがあります。そして、いつも「変わります」とお答えしています。

ほとんどの皆さんは靴で履き心地が変わるのはご存じなんですが、中敷で履き心地が変わるとは思っていらっしゃらないようです。

よく考えてみると靴が触れている大部分は足裏なんです。そして、足裏は中敷に直接触れています。中敷を入れることで足裏の感覚が変わり、履き心地が変わることがイメージしていただけるのではないでしょうか。

履き心地が変わる、と言っても履き心地が悪くなっては意味がありませんよね。履き心地を良くして、なおかつ歩き心地も良くなるような中敷が理想です。もし足のトラブルでお悩みでしたら、トラブルにも対処できれば一石二鳥!

中敷は中敷でも「アーチサポート」のある中敷がおすすめです^^お話だけでも結構です、ぜひ一度お越しくださいませ。岸本優でした。