足の計測が大事な理由

皆さん、こんにちは。

8月最終日は曇り時々小雨のお天気となりました京都です。

先ほどお客様からのメールが受信ボックス以外で受信されており、あわててお返事いたしました。ご心配おかけしました!

こちらが設定していないのにメールを自動で振り分けられるのは困りものです;

問い合わせのメールを送ったのに3営業日経っても返事がない場合は申し訳ございませんがお電話にてお問い合わせください。急用の場合もお電話をおすすめしております。

※明日火曜日は定休日です


数年前に京都観光としてお越しいただいたお客様に再度ご来店いただきました。なんと!島根からのご来店です。事前にご連絡いただいておりましたのでご希望の商品をご用意できました。ありがとうございます^^

お連れ様にも中敷をお買い上げいただきました。初めて?足の計測をされたのか「自分ってこんなに足小さいんや」と驚いておいででした。健康診断でも足は測りませんし、靴屋さんでも測ってくれるところは少ないのでは?靴を買うのに足のサイズを測らないって、考えてみると不思議ですよね。

よく例えられるのがメガネです。視力検査をせずに度入りのメガネを買う人はいません。メガネの機能を活用するためには検査し、その人に合ったメガネを調整することが必要です。

メガネの部分を靴に置き換えることができます。「靴の機能を活用するためには検査し、その人に合った靴を調整することが必要です。

メガネは視力を補佐するものですから検査が重要だと思われているのでしょうか。靴もあなたの身体を支えている大切な役割があります。少しでも靴の機能性に目を向けて、足にも意識していただきたいと思います^^岸本優でした。