外反母趾の方に注意してほしいこと!

皆さん、こんにちは。

随分と秋の気配を思わせる夕方となりました京都です。

台風一過、今朝は随分と涼しかったですね。台風が蒸した空気と一緒に去ってくれたようです。日中の日差しも暑いものの、厳しさは感じられません。

まだ8月の末なのにこんな秋を感じるとは…!過ごしやすいのでありがたいです~。


本日お越しのお客様は以前からフィンコンフォートをご愛用いただいている方でした。外反母趾のお悩みからフィンコンフォートを履かれるようになられたそうです。本日はご注文の靴を引き取りにお越しいただきました。ありがとうございます^^

外反母趾で悩まれている方は、親指付け根の痛みから足幅がゆるい靴を好まれる傾向にあります。足幅に靴が触れなければ痛みはない。本当にそうでしょうか。実は、足にとって足幅がゆるい靴は良い状態ではありません。

足幅が靴とフィットしていないと、靴の中で足がブレやすくなります。摩擦によって逆に痛みが起こったり、無意識に靴の中でとどまろうと踏ん張ることで余計に足が疲れやすくなります。

なにも「窮屈で痛い靴がいい」と言っているわけではありませんよ!痛みのない、適度に足部にフィットした靴が理想です。

お客様も履き比べていただく内に「足幅の心地よいフィット感」がお分かりいただけたようでした^^

良い靴、良い中敷を知っていただくことは大切です。その前に、正しい靴の知識ももっと知っていただきたいと思います。岸本優でした。