ジッパー付き靴の取り扱いについて!

皆さん、こんにちは。

蒸し蒸し、どんよりした空気になっています京都です。気温は高くないのが幸いですね。

お盆ごろから夜は比較的涼しくなったように思います。8月も半ばを過ぎて、夏のピークは終わったのでしょう。

お盆休み明けてさっそくですが、明日火曜日は定休日となっております。お間違いのないようにお気を付け下さい!


脱ぎ履きしやすいジッパー付きの靴は、屋内で靴を脱ぐ生活の日本人に適した便利さがあります。

当店でメインに扱っていますフィンコンフォートにもジッパー付きの靴が多くあります。いずれも日本だけの特別仕様です!

脱ぎ履きしやすいからといって、ジッパー付きの靴でも靴ひもを締めることを怠っていはいけません。ジッパーがあるといえど、靴ひもは少しずつ自然と緩んでいます。歩くという動作は靴にかなりの負荷をかけているからです。

1週間に1度ぐらいは靴ひもを締めなおしてみましょう^^締めなおす際はジッパーを閉めた状態で行ってくださいね。

ジッパーを開けた状態で靴ひもを締めなおすと、当たり前ですがどこまでも靴ひもを締められてしまい、足入れすると窮屈になります。そして、ジッパー半開きの状態で歩いてしまう…。ジッパーを閉めきらず履くことは靴にとって良くありません。

先述の通り、靴には負荷がかかっています。半開きの状態で過剰な負荷がかかると、ジッパーの傷みに繋がります。必ずジッパーは閉めて履きましょう。

フィンコンフォートのジッパーは修理が可能です。が、修理内容によっては高額になるため、日頃大切に扱っていただくのが最良です^^

乱暴に扱わず、しっかり閉めてから歩いて下さいね。岸本優でした。

フィンコンフォート HACHIOUJI 42000+税
フィンコンフォート HACHIOUJI 42000+税