正しい靴の知識を知りましょう!

皆さん、こんにちは。

空気が重く感じるほど蒸し暑い気候となっています京都です。

蒸し暑さのせいでところどころ通り雨が降っているようです。京都市内もお昼過ぎに弾丸のような雨が短時間降りました!昨夕も強い雨が降りました。

雨が降って涼しくなればいいんですが、そうはいきませんね^^;


普段履きとして履く靴は、軽かったらいい靴、とは限りません。この「軽い靴」神話、なかなか根強いのです…!

なぜこんなに重さが重視されるのか考えてみると、靴を重いと感じたことが多いのではないかと思いました。足が重く感じる→歩きづらい…→靴は軽いほうがいいんじゃないか。こんな図式があるのかもしれません。

重く感じることは靴の履き方にかなり関係しています。簡単に言うと、靴をゆるく履くと重く感じてしまうのです。

靴ひもを十分に締めずゆるゆるで履いていると、まるで足で靴を運んでいる状態になります。どんなに軽い靴でも重く、歩きづらく感じるでしょう。

また、靴は足で履くものです。手で持った重さの感覚ではなく、まずは履いた感覚を確かめていただければと思います^^

昨日お越しのお客様にもそのようにお話しして靴を試着してもらいました。「(履くと)軽いですね!」と接客冥利に尽きる驚き方をしていただきました(笑)そのままお買い上げくださり、ありがとうございます。

靴は履き方で歩き心地が決まります。かかとに合わせて足入れしたら、留め具をしっかり締めて履いて下さいね。岸本優でした。

フィンコンフォート OZE マンダリンベロア(残り1足!) 45360
フィンコンフォート OZE マンダリンベロア(残り1足!) 45360