「足にあった靴」とはなんでしょう?

皆さん、こんにちは。

朝から雨で蒸し暑くなっています京都です。

雨が弱くなるとどこからともなく蝉の声が…。梅雨も明けて、お子さんは夏休みに入り、夏本番ですね。

メディゲイト京都店お盆休み 8月11日(火)~15日(土)


今朝、テレビ番組で「足に合わない靴は万病のもと」とお医者さんがおっしゃっていたそうですね。皆さんも重々分かっているはずです、「足に合った靴を履いた方がいい」と。では「足に合った靴」とはなんなんでしょう。

「足に合った靴」とは、足部の形に似た木型で適性サイズであり、歩いても痛くない靴のことです。

木型が合っていないと履いただけでつま先や足幅に痛みを感じます。履いた時は痛くなくても、歩く(動く)ことで痛みを感じる靴は軽く柔らかい靴にありがちです。

日頃、接客をしながら感じるのは、靴の正しい選び方や靴の履き方を知らないだけの人が多いこと。きっと選び方、履き方を知れば「足に合った靴」に出会える人は増えると思います!現に、お客様が履いてらした靴ひもを締めただけで履き心地が改善された方もいらっしゃいます^^

今はインターネットでありとあらゆる情報が錯綜しています。「足に合った靴」選びについても、色んな情報があるのでしょう。ただ、情報がありすぎて、欲しい情報を検索することが難しくなっているかもしれません。

「足に合った靴」とはどんなものなのか、実践するときはぜひ実店舗へ足をお運びください。お話しだけでも結構です。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております。岸本優でした。

フィンコンフォート FES チタン・マンダリンベロア・アズ―ロヌバック 29160
フィンコンフォート FES チタン・マンダリンベロア・アズ―ロヌバック 29160