靴下の役割について!

皆さん、こんにちは。

日差しがサンサンと、今日は暑くなりそうな京都です。

昨日の午前中、寺町商店街で事故があったんですね。歩行者天国の寺町商店街に飲酒運転のオートバイが侵入し、お子さんが軽傷を負ったそうです。詳しくはコチラ

人通りの多い寺町商店街に侵入するとは…。ましてや飲酒運転!言語道断ですよね!

※明日火曜日は定休日です

 

靴下にあえてサンダルを履くオシャレが流行っているようです^^「おしゃれは足元から」の言葉通り、靴下もファッションの一部なんですね。

そもそも私たちは靴下をなぜ履くのでしょうか。毎日当たり前に履いている靴下の役割を考えてみましょう!

まず一つに、靴下には「足と靴を取り持つ緩衝材の役割」があります。

歩くと足部は靴の中で若干前後に動きます。靴と足部が直接触れると擦れや痛みが起こる場合があります。履き口など靴に当たる部分を埋めるのが靴下です。

また、歩行時は足部自体も変化しています。接地すると体重の負荷がかかった足部は足長・足幅が広がります。地面から離れると負荷がなくなり足長・足幅は狭まります。その差は5mmほどになることも。靴下を履いていれば多少のサイズ差もカバーできます。

もう一つは「吸水・吸湿の役割」です。

足部は必ず汗をかきます。靴という密閉された環境ではなおさらです。靴下が汗を吸水することで、靴の中で足がべたつかずに済みます。

素足のまま靴を履いてべたべたしてしまうのは汗が吸水されないからです。素足で履く場合、裏地が天然皮革や吸水性に優れた素材がおすすめです。もしくは素足で履いているように見えるスニーカーソックスもいいかもしれません。

「保温の役割」もあります。足部は身体の末端故に冷えやすい部位です。夏場の過剰冷房でサンダルに靴下を履く方も多くなったと思います。

靴下の役割を最大限活かすには足部に合ったサイズの靴下を履くことも大切です!履き口がたるんでいたり、かかと位置が合っていないゆるすぎる靴下は靴との摩擦を助長させてよくありません。適度にフィットした靴下を履きましょう。厚みがあり、滑りにくい素材が理想です。

また、ストッキングは上記の靴下の役割を充分果たせないため、長時間歩く場合はおすすめしません。


良い歩き心地のためには靴下も重要なことがお分かり頂けたでしょうか。個人的には5本指ソックスがおすすめです^^

店頭にも靴下専門の会社から開発された靴下をご用意しております。ぜひ一度ごらんくださいませ。岸本優でした。