外反母趾は靴と中敷でサポート!

皆さん、こんにちは。

日中にむけてムンムンと暑くなってきました京都です。今日は晴れていても不安定な天気だそうで、にわか雨が降るかもしれません。

夜も蒸し暑く感じられるようになり、タオルケットもなにも掛けず寝ていたら…喉を痛めてしまいました。もともと扁桃腺が弱くすぐ痛くなります。聞き苦しい声になっていますがご容赦ください^^;今回は初めて漢方の葛根湯を飲んでいます!錠剤ではなく粉末で、苦いですね~。苦いってだけで効く気がします(笑)

※明日火曜日は定休日です

 

先日お越しのお客様はお仕事柄必ず靴を履かねばなりませんでした。ただ、足部は極度の外反母趾で靴を履くと痛みが伴います。

そもそも外反母趾は加齢や足に合っていない靴を履いているとどんどん進行していきます。アーチサポートの中敷や合う靴を履くことで進行を遅らせることが大切です。進行してしまうと、親指がさらに外を向いて第二趾・第三趾の下にもぐりこみます。この状態で歩くと、親指は荷重がかかって痛いですし、第二趾・第三趾の上部も靴先にあたって痛みやすくなります。

中敷や靴は治療ではありませんから、外反母趾をまっすぐ元通りに治すことはできません。ただ、痛みを伴わないようにサポートすることはできます。

上記のお客様の場合は、フィンコンフォートの中で一番柔らかい革を使用したスーパーフィンコンフォートをお履きいただきました。あわせて、中敷のつま先部分を加工し、指先に過剰な負担がかからないよう工夫しました。

すると、歩かれても痛くなかったようで2足もご注文いただきました!中敷を加工しただけで「痛くなく歩ける!」と言っていただけると、とてもうれしいです。ありがとうございます^^お客様が快適に歩かれますことを願っております。岸本優でした。

(写真を撮り忘れたため、カタログ写真となっております;)