靴底の減り方で分かること!

皆さん、こんにちは。

暑くも寒くもなく過ごしやすい天候となっています京都です。

今日の夕方から明朝にかけて激しい雨が降りそうです。とうとう梅雨前線の本領発揮でしょうか…!洗濯物が気持ちよく乾きませんね><

明日火曜日は定休日です。お間違いのないように、お願いいたします。


お客様とお話ししていますとよくでる話題が靴底の減り方です。「いつも(靴底の)かかとの外側ばかり減るんです」と心配そうにお話しする方は少なくありません。

結論から言いますと、心配しなくても大丈夫です^^

私たちは足を接地するとき、かかとの外側で接地することが多いと言われています。かかとの外側に体重がかかるため、靴底も減りやすいわけです。なにも異常なことはありません。ご安心ください。たとえば、左右差が極端にある(片足の外側が極端に減るなど)場合は、もしかすると足自体が外側にこけている可能性もあります。また、靴底のかかと内側が減る方は内また歩きかもしれません。

他にも靴底の減り方でも歩き方の特徴が分かる場合もございます。そのようなことも店頭でお話しさせていただきますよ。

ぜひ一度お越しくださいませ!岸本優でした。

左:外側が減っています(お客様が履いておられる靴) 右:(新品)
左:外側が減っています(お客様が履いておられる靴) 右:(新品)