サンダルから指がはみ出てしまわないように!

皆さん、こんにちは。

晴れ晴れとした爽やかな1日となりました京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

梅雨前線が本州南に居座っているため、最近はなかなかすっきりした天気でありませんでした。今日のような晴れは嬉しいですね^^


本日お越しの女性のお客様、通りがかりにフィンコンフォートのサンダルをお買い上げくださいました。ありがとうございます!

つま先の開いたサンダルは指がサンダルからはみ出てしまい、今までお持ちでなかったそうです。街中でもサンダル姿の女性を見ているとつま先がサンダルから落ちている方、珍しくありません。

なぜつま先がはみだしてしまうのでしょう。ポイントを考えてみましょう!

  • サイズは適切でしょうか。

サンダルの適性サイズは普段履かれている靴のハーフサイズか1サイズ小さいサイズと言われています。サンダルは靴と違い、足を覆っている部分が少ないので小さ目のサイズがジャストフィットするのです。ただ、サンダルでもかかと周りが覆っているタイプだと靴と同じサイズが良い場合もあります。

試着してサンダルのインソール内に足が収まっているジャストフィットなサンダルを見つけて下さい!

  • 留め具がありますか。

マジックテープやボタンベルトなど、快適に歩くためには留め具が必須です。甲部分とつま先部分、2箇所にあれば尚良しです!足が前滑りしないようにかかと(後足部)にサンダルをしっかり留めましょう。留めてもゆるくては台無しですよ。

  • ヒールが高すぎませんか。

ヒールが高いと足はつねにつま先立ちの状態になり、前滑りの原因になります。留め具があったとしても、高すぎるヒールでは前滑りを防げない場合も…。心地よく歩くためにはヒールの高さは2.5cm程度が理想です。

 

夏はお出かけシーズンでもあります。心地よく歩けるサンダルで、心地よいお出かけをお楽しみください^^