ブログ・閑話休題

皆さん、こんにちは。

連日暑い日が続いています京都です。

お分かりでしょうが、暑いです!平年値以上の気温の高さに、夜もすでに寝心地が悪いような気がします…。

こんな暑い中でのご来店、まことにありがとうございます^^まだ夏でないと言えど熱中症にお気を付け下さいね。

 

今日のブログは閑話休題!

先日のお休みに出向きました京都国際マンガミュージアムについてです。

烏丸御池にある京都国際マンガミュージアム、ご存じでしょうか。「マンガの収集・保管・展示およびマンガ文化に関する調査研究及び事業を行うことを目的」としている「博物館的機能と図書館的機能を併せ持った、新しい文化施設です。」(ホームページより抜粋)

マンガを軽んじている風潮は日本にまだまだありますが、今やマンガは世界に誇る日本文化となりました。マンガは娯楽だからこそ世界中の人に認めてもらえる文化になったのではないのでしょうか。現に利用者の半分は外国人の方でした。利用者の年齢層も小学生からおじいさんまで幅広く、マンガの垣根のなさを実感しましたね。

閲覧できるマンガは実に5万冊!一度入館すると何度でも出入りできるのが嬉しいところです。入館して、お昼ごはんをよそで食べて、また入館することができます。1日中マンガが読めるわけです!マンガ好きにはたまらない(笑)

あと、マンガを読む環境も気に入っています。京都国際マンガミュージアムはもともと小学校だった建物を利用しており、節々に小学校の名残が見てとれます。木造の廊下、「校長室」の札がかかった部屋、どこかレトロ懐かしい建物です。開放的な芝生の中庭でもマンガが読めますよ。

天気のいい日にのんびりマンガを読める京都国際マンガミュージアム、おすすめです^^ぜひ一度行ってみて下さい!岸本優でした。