ブログ783日目 香りとにおいの話!

皆さん、こんにちは。

今週末はお天気下り坂となりました京都です。少しずつ暖かくなっていますね!

18日にはフィンコンフォートの春物が入荷します。あわせて、早春の爽やかな香りのアロマスティックを置いてみました。ふんわり香って心地よいです^^

人間は1兆種類(!)の香りを嗅ぎ分けられると読んだことがあります。実際に1兆種類嗅ぎ分けた人間がいたわけではなく、計算上1兆種類以上嗅ぎ分けられるそうです。目が数百万の色を識別し、耳が50万種類の音を聞き分けられることに比べると圧倒的な数!嗅覚は生きていく上で欠かせないのかもしれません。

お店の香り、皆さんのお気に召すと嬉しいです。


「汗」と「足」という単語を並べると、なんとなく嫌なにおいがただよってきませんか?(笑)

実際に、靴を履いた足は1日でコップ1杯以上の汗をかくそうです。靴下や中敷がそれぐらいたくさんの汗を吸収しているのですね。

しかし、においの原因は汗ではありません。足のかく汗はほぼ水分の無臭の汗。足の嫌なにおいは雑菌によるにおいなのです。足によって湿った靴下や中敷に雑菌が繁殖してしまい、におってしまうわけです。水にぬれた靴や靴下を放置してにおってしまうのも雑菌のせいなんですね。

汗をかくのは仕方ないとして、対処法があります^^

靴は通気性の良い天然皮革やメッシュがおすすめです。足に合っていることも、ストレスを足部にかけない点で大切ですね。また、密閉された下駄箱へすぐに入れず、通気のよい玄関先で乾かすのも手でしょう。なるべく1日おきに靴を履きかえて下さい。中敷も取り外しておきます。

靴下は毎日履き換えます。お風呂の際に足裏を洗うのも忘れずに!しっかり拭いて乾かしてください。

これから暖かくなると雑菌も繁殖しやすくなります。ぜひ覚えておいて、実践してみてくださいね。岸本優でした。


営業時間のお知らせ

3月25日(水)14時オープン~19時まで

4月4日(土)11時オープン~16時まで