ブログ767日目 中敷にも補高ができます!

皆さん、こんにちは。

晴れたり曇ったり、また曇ったりしている京都です。

さっきまで晴れていましたがまた曇りになって、ご近所さんが干している布団を取り込むか迷っておられました。せっかくの晴れ間だったのにね。

雨が降ることはないようなので日曜日の午後を有意義にお過ごしください^^


今日は先日お越しいただいたお客様にオーダーメイド中敷メンズシューズをお渡しします。ありがとうございます!

ご自身も足に違和感があり、奥様からも「歩き方がおかしい」と言われていたそうです。昔、右足に大きな怪我をされたこともあり、右足が変形し、脚長も左に比べ短くなっておられました。

脚長差があると、歩くときにどうしても身体が傾きますし、歩きづらくて痛みを伴うことも。

度合いによっては中敷で脚長差をカバーできます。中敷自体を補高するのです。靴底を補高するのと違い、一見して加工しているのがわかりません。

が、その代わりに靴の深みが大切になります。靴の中が浅いと、中敷が高くなった分、歩くときにかかとが靴から浮いたりしがちになるからです。なので、靴は深みのあるショートブーツなどのブーツ類が望ましくなります。

極度の扁平足の方でも脚長差を感じることがあるそうです!中敷によって手立てはありますのでご相談してくださいね。田中優でした。