ブログ759日目 滑りにくい靴底が大切!

皆さん、こんにちは。

今日もまだまだ冷え込み厳しい京都です。

道路の端にまだ雪が残っているところもあり、気温があがっていないことを実感します。ちょうど陽光もあたらないのでしょうね。

帰宅してファンヒーターをつけると、部屋の気温が4℃!ということもある今冬。

寒さとあわせて、インフルエンザを流行らす空気の乾燥にもご注意ください。


旦那さんが靴を買いました。寒さと雪に備えてショートブーツのレザースニーカーです。

履いてみて雪がしみてきたり、トップラインから雪が入り込むことはなかったのですが、雪道で異様に滑るんですね。

ただでさえ雪道は滑りやすい道。にしてもよく滑っているので靴底を確認して納得しました。靴底の凹凸が横線のみだったのです。横線の溝がつま先からかかとまであるだけでは、力が横に逃げてしまい、そりゃあ滑ってしまいますよね;有名メーカーだけに残念な気持ちでした。

滑りにくい靴底は摩擦力を増すために縦横無尽に凹凸がたくさんあるほうが良いようです。

また、靴底面の少ない靴も滑りやすくなりますのでご注意を!田中優でした。