ブログ721日目 ショートブーツのいいところ!

皆さん、こんにちは。

朝からぐんぐん冷え込んでおります京都です。

芯から冷たくなるこの感じ、京都の冬がやってきました…!今日明日と年末ごろの気温が続くそうです~。暖かくしてくださいね~。

今日は腹巻も装備しております^^最近の腹巻はけっこうデザインも洒落ていて、薄くても暖かく重宝しています。


先ほどお越しのお客様、以前からフィンコンフォートのHAKODATEを愛用しておられます。フィンナミックの柔らかい中敷、ゆりかご型の靴底をたいへん気に入っておいでです^^

ショートブーツのHAKODATEを色違いでもう1足買うか、短靴を買うか、悩んでおられました。

短靴とショートブーツでは履き心地が違います。短靴は足の甲周りのフィット感がバツグンです。ショートブーツになると、くるぶしの上まで丈があり甲よりも足首周りのフィット感があります。

足首は足部の骨と足の骨を繋ぐ大切な部位。そして、バランスが崩れやすい部位でもあります。偏平足の方のくるぶし位置が低いのはそのためです。

ショートブーツで足首まで支えることは、足部がアンバランスになることを防止する意味もあります。冬は暖かいですしね!

けれど、最初から素材が柔らかいショートブーツでは足首を保持できず、意味がありません。本革の最初はしっかりとして、じょじょに馴染んでいく素材が適しています。

ぜひこれから活躍するショートブーツ、ご覧にお越しくださいませ。田中優でした。