ブログ717日目 足が小さいお客様の場合!

皆さん、こんにちは。

穏やかな過ごしやすいお天気の京都です。

今朝は喉が痛みました;乾燥しているんでしょうか。風邪は喉から発症するタイプなので気をつけよう~。


昨日、お越しのお客様は足が小さいことでお悩みでした。

どうしても小さいサイズ、大きいサイズの靴は絶対数が少なくなってしまいます。足長が22cm以下になると、靴自体がなかなか多くありません。

また、足の大きい方が小さ目サイズの靴を履くと窮屈で痛くて履けたものではありませんが、足が小さい方は大き目の靴を履くことはできますからフィット感がなく多少無理をしてでも履いてしまいがちです。

大き目の靴をゆるく履いてしまうと、靴の中で足が動いて指や足幅が擦れたり、爪が変色変形したり、無意識に指が踏ん張ることで足が疲れやすかったりと良いことはありません。

じゃあ足が小さい方は小さい靴を履いたらそれでいい、というわけでもないんですね^^;小さいサイズゆえにつま先まで窮屈では、また上記のような不具合があります。

足が小さい方も、「つま先には指を動かせるゆとり、甲とかかとは一体感のある固定」のメリハリある靴がいいのです!

お客様もつま先は余裕がありつつ、かかと周りはしっかりとホールドしてくれるショートブーツをお買い上げくださいました。ありがとうございます^^

ご自身にあった靴を知ることは大切です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。オーダーメイド中敷ご希望の方は事前にお電話ください。お待ちしています!田中優でした。