ブログ715日目 ○○過ぎる靴の注意するポイント!

皆さん、こんにちは。

朝から冷えています京都です。

ハロウィーンが終わり、一気にクリスマスモードになっている街中。あと1カ月以上もあるのに~^^;季節感においてけぼりにされている気分ですね。

そして、年末年始のイベントも動き始めていて、時の早さを感じます…。ついこないだまで暑い暑いと言っていたのに。


今日は夏にサンダルをお買い上げいただいたお客様が靴を買いにお越しいただけました。ありがとうございます^^

今まではつねに軽くて柔らかい靴をお求めだったお客様。「(軽くて柔らかい靴だと)足が靴の中で動いて疲れやすいのね」、その通りです。

スポーツ用としての軽い靴は理にかなっているところがありますが、普段履きで軽すぎて柔らかすぎる靴は注意すべきです。軽くて柔らかい方がいい、ということはありません。

軽く柔らかいと、えてしてフィット感も少ない場合があります。靴が脱げないように指で踏ん張ったり、前に滑ってかかとが浮いてしまったり、足部に過剰な負担がかかります。そして、今日のお客様は偏平足でもあるので、もともと土ふまずのバネが上手く使えない疲れやすい足をされていました。

購入いただけたのは、フィンコンフォートのOTARU。アーチサポート付きの中敷が付属されています。

今まで軽くて中底がフラットな靴を履かれてきたなら、フインコンフォートの中敷は履き始めに違和感があると思います。この違和感は身体にとっては悪いものではないはずです。偏平してしまった土ふまずを起こそうとしているため、違和感はあって然りなのです。

ふくらはぎや太ももが筋肉痛になる方もおられます。じょじょに軽減されていきますので、リハビリのような感覚でまずは足に慣らしてみて下さい。

そして、中旬からのご旅行楽しまれてくださいね^^田中優でした。