ブログ706日目 靴からかかとが浮かないように!

皆さん、こんにちは。

朝はだいぶと冷え込みました京都です。日が高くなった今も日陰や店内はひやっとしています。

降水確率0%とお出かけにはもってこいではないでしょうか^^連日、二条城も修学旅行生や観光客でいっぱいです。

観光シーズンになり、近隣駐車場も満車になることが多くなりました。お車でご来店の方にはご不便おかけします。ご理解くださいませ。


履き心地を左右するポイントに、靴からかかとが浮く、があります。歩いていて蹴り出すときにかかとがスコッと抜ける経験をされたことはないでしょうか。

足部と靴は後部で固定し、フィットし、安定させると歩きやすい作りになっています。かかとが浮くと非常に歩きづらく、脱げまいと足趾に力が入ったり、良いことはありません。

ヒールの高い靴、留め具(靴ヒモやマジックテープなど)のない靴、かかと周りが合っていない靴が、かかとが浮きやすい靴です。

足幅が狭い靴は、締めつけられることによってすぐに合っていないと分かります。が、かかとのフィッティングは軽視されがち…。

むしろ靴擦れを恐れて、わざとフィットしない靴を選ぶ、という方もおられました!靴擦れはフィットしていないからこそ起こります。必ずかかとに合わせて靴を履いて下さいね。

そして、しっかりと足部を靴に固定させる。靴ヒモやマジックテープが有効です。とめるからにはきちんととめましょう。

今朝お越しの方も、最近買ったスリッポンタイプの靴がかかとが浮いてしまう、と嘆いておいででした。留め具がないために足部が固定されないんですね。

手を使わずに履けてしまう靴は、脱げやすい靴とも言いかえられます。履き心地を優先されたいなら、留め具のある靴をお選びください!田中優でした。