ブログ676日目 ブーツの優れた機能面!

皆さん、こんにちは。

3連休最終日も穏やかな気候の京都です。

夏がお天気不良だったせいか、この3連休は各地の行楽地が賑わったようですね。どこかお出かけされましたか^^

明日火曜日は定休日です。お間違いのないようにお願いします。


季節がら、これからはブーツを履く機会が多くなります。ショートからロングまで、おしゃれの幅も広がりますね。

ブーツには見た目だけではない機能面でも優れていることがあるのです。それは、足首周りを覆っているということ。

偏平足や外反母趾などは、足首の骨格が内側前方に崩れてしまうことにより併発してしまう足部トラブルです。原因は様々ありますが、加齢や筋力低下により体重を支えきれなくなった足首は非常にアンバランスな状態になります。追い打ちをかけるように足部は内側に倒れやすい骨格をしているのです(外側に倒れている方もおられます)

ブーツは物理的に足首周りを支えていることで、足部のバランスを保とうとしてくれるのです。

が、履き始めから自立できない柔らかい素材のブーツではその機能も薄いでしょう。昨今流行っているムートンブーツ、後ろ姿を見ると、足部が内側に倒れている方をよく見かけました。

本革のブーツも履いていくうちに馴染んで柔らかくなり、ホールド力は弱まってしまいます。本革の性質上、仕方ないところです。

今日もショートブーツをお買い上げいただきました。ありがとうございます!

17日からぞくぞくと秋冬商品が入荷しますよ^^それでは、17日にお会いしましょうー。田中優でした。