ブログ638日目 かかとに関連する靴のお悩み2つ!

 

皆さん、こんにちは。

毎日毎日同じことを言うのも気が重いのですが^^;やっぱり暑い京都です。

日差しが朝からすでにピークで洗濯物を干すだけで汗がたらたら。昨日よりも暑く感じます。21時まで30℃以上との予報もでていました。

陽が落ちたあとも蒸し暑い昨今、昨日は祇園祭の還幸祭が当店周辺でおこなわれ、よりアツい1日となりました^^

なんでも平安時代に神泉苑で鉾を立てて厄払いしたことから、祇園祭の鉾巡行が始まったそうです。神泉苑起源だったのですね!

夏と言えばお祭り。今日は天神さんの日でもあります。夜でも熱中症対策して、お祭り楽しんでください。

 

かかとに関連する靴のお悩みでよく聞くのが、「靴のサイズが大きくかかとが抜けてしまう」「かかとがいつも靴擦れする」この2つです。

まず、かかとが靴から抜けてしまうお悩み。

プレーンパンプスやスリッポンといった留め具のない靴でありがちなトラブルです。かかとと靴の隙間に指1本入ることも!

このお悩みに関して言えば、正直、どうしようもないところがあります;

中敷を装着することで、足の甲や足幅の収まりが良くなることはありますが、かかと部分に中敷分の厚みが足されるため、さらに抜けやすくなる可能性があります。かかとが抜けてしまうのは、靴のかかと部分(カウンター)がフィットしていないからに他なりません。中敷だけでは対応できない問題です。

かかとの靴擦れに関してはは改善できることもあります!

まずは正しい履き方で履くこと。これだけで解消する場合もあるんですよ。

だぶつかないフィット感のある靴下を履いて、かかとに合わせて靴を履き、靴ヒモやマジックテープをきつく締める。かかと周りを靴に固定させるのです。

お客様によって靴擦れ原因など違うかと思いますので、これはほんの一例です。お悩みやトラブルを当たり前とせず、一度お話しだけでもお越しくださいませ。お待ちしております^^田中優でした。