ブログ623日目 外反母趾と中敷のいい関係!

 

皆さん、こんにちは。

小雨がぱらつき、雲が広がり、晴れ間がのぞいたりとはっきりしないお天気の京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

日本はすっかり落ち着きましたが、サッカーW杯はこれからが大盛り上がりの準々決勝のトーナメント中です!

ブラジルとドイツが勝ち進み、今までの成績から見て、順当ではないのでしょうか。惜しいプレイやスーパープレイの炸裂でハラハラしますねー。

トーナメント表を見て、すでに準決勝決勝の対戦国を考えてはにやにやしております(笑)

個人的に、決勝はドイツ対オランダが熱い!確実な攻撃力のドイツにオランダの速効攻撃がどうぶつかるのか。わくわく。

なんだか分かった風に書いていますが、素人が観戦したときに感じた感想です。あしからず^^

 

「外反母趾に中敷がどういいのかピンとこないから教えてほしい」と仰ったのは通りがかりにご来店いただいたお客様でした。外反母趾が気にかかっており、中敷は簡易なものしか使ったことがないそうです。

皆さんがお持ちの外反母趾のイメージは、足幅が広がり、第1付け根が外側に飛びだしている状態ですよね。

中敷のイメージは、足の下から支えている、でしょうか。

この2点だけをそれぞれ見ると、確かに、まるで関係ないように思えます。が、2点は線で繋がっているのです。

それには外反母趾の仕組みを分かっていただく必要があります。

まず、外反母趾は第1付け根だけが急に飛びだしている、わけではありません。付け根の広がりを抑えるより、根本を見直す必要があります。

根本はなんなのか。偏平足や外反足に代表される足部のアンバランスさが原因です。結果として外反母趾が誘発されているのです。「足を知るもご参照くださいね。

そこで登場するのが、アーチサポートの中敷!土踏まずや横アーチを支える機能がある中敷です。

足部のバランスを良くすることで、結果的に外反母趾の弊害を和らげることができると当店では考えています。(※中敷は治療行為ではありませんので、外反母趾が治るとは言えません。)

かけ足でご説明しました^^;店頭では模型などを使って分かりやすくお話しさせていただきます。

今週末も皆さんのお越しをお待ちしております!田中優でした。

フィンコンフォートのサンダルには中敷が最初から装着してあります!
フィンコンフォートのサンダルには中敷が最初から装着してあります!