ブログ610日目 足部の長さはどう測る?素朴な疑問!

 

皆さん、こんにちは。

気持ちのいい快晴の京都です。

気温もグンとあがっております。週末は雨ということで、今日明日のお天気を有効活用して下さい!

さて、今ちょうど前髪が目元にかかる長さでうっとうしく、自分で切ってみよう!と、セルフカットについて調べてみると小難しい様子。早くも心折れています(笑)やっぱり美容室に駆け込むか…。

皆さんは前髪セルフカット、されてますでしょうか。

 

「足の長さ(足部の長さ)ってどう測ってるのですか?」とご質問をいただきました。ありがとうございます^^

足部とは、くるぶしソックスで包まれている部分です。その足部内でかかと真後ろ~指先の一番長いところまでを足長とします。

指先の一番長いところ」は人によって異なります。が一番長い人もいれば、第二趾が長い人もいます。指の長さがほとんど同列の人もいますね。

専用の「フットゲージ」と呼ばれる道具で足長を測ります。普通の定規よりも正確に計測できます。

足長を測ることは、専門店でしか実施していないのではないでしょうか。ほとんどの方が計測したことがないでしょう。だから、そもそもどうやって測るの?というお客様の疑問が生まれたのかと思います。

いつも口酸っぱく言っていますが、足長とは平面上のサイズでしかありません。足部は立体です。靴のフィッティングとなると、肉付きや足の形によって、総合的に把握することが大切です。同じ23cmの足長でも細い人と太い人ではサイズ感が異なることは、お分かりの通りです。

ご自身の足長を知ることは、足の健康への知見を深めるまさに第一歩です!どんどん質問して下さいね。

分かることはお答えしますし、分からないことは…勉強しておきます^^;田中優でした。

足部を計測する様子
足部を計測する様子