ブログ588日目 革靴とスニーカーの違いって?

 

皆さん、こんにちは。

曇り空からたまに太陽の木漏れ日がさしています京都です。

冷たい空気が上空にあるため、小雨がぱらついたり不安定なお天気だそうです。そこはかとなく空気も冷えていますね。

 

「スニーカーはありますか?」と聞かれることがあります。

今季のフィンコンフォートにはスニーカー風デザインの靴が多く入荷しておりますので、BISCAYASOHOをおすすめさせていただきました。

お客様がお帰りになってから「そもそもスニーカーの定義ってなんだっけ」という疑問が浮かんできました。いざ説明しようとするととっさに言葉がでてこなかったのです^^;

スニーカーとはおおまかに「布製でゴム底の運動靴の一種」です。

靴の製法として「革靴」と「スニーカー」は区別されます。製法が違うのは靴底の仕様の違いが理由です。

なぜスニーカーはゴム底を採用したのでしょうか。もちろん理由があります^^

スニーカーの語源は英語「sneak(忍び寄る)」から派生したそうです。ゴム底は柔らかく靴音が鳴らないので、後ろから忍び寄っても気づかれないのが由来です。

運動するための靴=スニーカーのイメージがあったかもしれませんが、発売当初の売りは「靴音をたてない」ことなのです。へぇへぇ!(笑)

スニーカーのラフさが若者にうけて一般化し、様々なスニーカーブームを起こしながら今に至ります。こちらを参考にお話ししました)

あらためてスニーカーの定義について調べてみると知らないことが結構ありました!知る楽しみが増えましたね^^田中優でした。

フィンコンフォート BISCAYA
フィンコンフォート BISCAYA