ブログ558日目 足部のトラブルと中敷の関係!

 

皆さん、こんにちは。

曇り空のおかげでゆるい気温の心地いい京都です。

定休日の昨日、いいお天気だったので種苗屋さんに行ってきました!植物の植え替えには持ってこいの季節ですからね^^

もともと家の中で観葉植物のパキラ、ゴムの木、クワズイモを育てています。今回は屋外で育てるアジサイやオリーブなど植木を購入しました。

パキラが越冬してからずいぶん弱ってしまったことを店主さんに相談すると植物の知識が豊富なことはもちろん、ご説明もお上手で大学で講義を聞いているようでした(笑)植物が根ぐされしてしまう仕組みを真冬の露天風呂に例えていただいて分かりやすかったです。

専門的な知識を分かりやすく例える技術って大事だなぁとあらためて実感したひとコマでした。

 

足底腱膜とは読んで字のごとく「足裏にある腱膜」のことです。かかとの骨から指の骨へと付随しています。土ふまずを形成しているのがこの腱膜です。

理想的な足底腱膜は足裏のアーチがあり伸び縮みのゆとりがあることで足裏の衝撃を緩和してバランスをとってくれます。

土ふまずが低下した偏平足だと足底腱膜が伸びきってしまい本来のように使えません。土ふまずが過剰にあるハイアーチでは足底腱膜が凸形になり常に緊張した状態になります。

足底腱膜がうまく使えないと足が異様に疲れたり、歩きづらかったり、痛みを伴うことも…。

起床時に足裏のかかとが痛む方は足底腱膜炎かもしれません。足底腱膜が緊張した状態で衝撃が与えられることにより断裂がおこってしまうのです。

もし上記の症例に思い当たる方、まずは一度足をお見せください!当店は病院ではありませんので治療はしませんが、中敷によって改善する方法があるかもしれません。

足部のトラブルは意外に中敷と深く関わっていることがあります。今週も皆さんのお越しをお待ちしています^^田中優でした。

フィンコンフォート OZE グリーンベロア 42,000円+税
フィンコンフォート OZE グリーンベロア 42,000円+税