ブログ553日目 サンダルと靴のサイズ感の違い!

 

皆さん、こんにちは。

今日も良い天気の京都です。鼻と目がぐずつくー;;

明日から花冷えで朝夕にグンと冷え込むそうです。お洋服気にかけてくださいね。

さて、昨日からトップニュースで繰り返されている小保方氏のSTAP細胞についての会見。皆さんもご覧になりましたか?

私が一番気にかかったのがマスコミのやれ「入院してたわりにはよく喋る」だ、「ヘアスタイルもメイクも仕込んでる」だ…そこが問題じゃないでしょうに。

会見で無理しても喋るのは当たり前では?公の場で身を整えるのは普通では?やつれて憔悴した悲劇のヒロインを映したかったんでしょうか。

確かに結果はあるけど筋の通った過程がないというのは科学界で机上の空論でしょう。完成された論文でもう1度証明するしかありません。ただそれだけのこと。

マスコミが彼女のキャラに騒ぎすぎな気が素人目で思うわけです…。この場を借りて語らせていただきました(苦笑)

 

お履きになるサンダルのサイズは靴よりも小さいサイズということがままあります。

例えば靴・3インチでサンダル・2インチハーフという風に。ハーフサイズ小さい方がジャストサイズだったりします^^

なぜかというとサンダルはつま先があいたデザインやかかと周りのないデザインなど、靴より足を覆う箇所が少ないためです。

フィンコンフォートで言えば中敷を目安にフィッティングします。かかとが中敷のヒールカップに乗っているか、つま先が中敷の中に収まっているかです。

いずれも中敷に足が綺麗に収まっているサイズがジャストサイズ!革の抜けが多いサンダルは目で確認できます。

つま先が開いているデザイン(RIVOLIELBAなど)では指や爪の怪我につながるのでつま先は必ず中敷の中に収まっているようにしましょう。

かかと周りがあるサンダル(FESFUNENなど)は靴と同じサイズでもいい場合があるのでまずはフィッティングです。

サンダルも試着が大切!田中優でした。

フィンコンフォート ELBA ベージュプリント 22,000円+税
フィンコンフォート ELBA ベージュプリント 22,000円+税