ブログ550日目 フィンコンフォート・新サンダルのページを更新しました!

 

皆さん、こんにちは。

4月初めての週末は寒の戻りとなっています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日までの陽気と入れ替わって肌寒いですね。温かいコーヒーが美味しく、久しぶりに湯たんぽを足元に仕込んでいます。

天気予報を見ていなかったのでしょうか、今朝素足にサンダル姿の女性を見かけました><さ、さむう。

早くサンダルを履きたいお気持ちはよく分かります。この寒の戻りが終われば春の陽気安定するようです。履くのはもう少し待ってくださいねー。

今日はFESALEXANDRIAのページを更新しました^^ブログより写真を多く掲載しています。どうぞご覧ください。

 

午前中お越しいただいたお客様、先月OZEをお買い上げいただいたY様です。今日はサンダルFESをお買い上げいただきました!ありがとうございます。

靴は1か月足らずで革が柔らかくなったそうです。本革は足に馴染んでくれるのが嬉しいところ^^

ただ、気を付けていただきたいのが革が柔らかくなると自然と靴ヒモも緩んでしまうことです。

靴ヒモが緩むと足が靴の中で前に滑ってしまいます。前に滑ると指や爪が変形・変色したり、タコや魚の目のトラブルに繋がりかねません。ジッパー付きの靴でもたまに靴ヒモを締めなおしてくださいね。

今まで痛くなかった靴なのに最近足幅が痛むという方、もしかしたら靴の中で足が泳いで足幅に擦れているのかもしれません。一度かかとに靴を合わせてから靴ヒモをしっかり締めなおしてみてください。

ほとんどの皆さんが靴ヒモを締めることに抵抗をお持ちです。それは締めることで窮屈感や圧迫感を生むとお考えだからではないでしょうか。

靴ヒモで足の甲を締めることに関しては窮屈感はさほど感じないはず。つま先への窮屈感や圧迫感が不快なのです。

あと、靴ヒモを毎回締めるのが面倒くさいと感じる方は…もう慣れです、慣れてしまえば面倒ではありません(笑)ちょっと乱暴ですが慣れが一番です。

心地よく歩くためにぜひ覚えておいてほしい豆知識でした。田中優でした。

フィンコンフォート OZE ヴィオラエナメル 42,000円+税
フィンコンフォート OZE ヴィオラエナメル 42,000円+税