ブログ287日目 靴底修理について

 

皆さま、こんにちは。

冷え込みは感じませんが、雲が多いのでぽかぽか陽気…とはいかない京都です。相変わらず風はよくふいていますねぇ。

今日は昼から店先で靴底修理の一部始終をパフォーマンスさせていただきます!短時間ではありますが古くなった靴底をはがす作業です。

以前パフォーマンスさせてもらったとき、通りがかりの方が立ち止まってくださったり話しかけてくださったり、当店を知っていただくきっかけになりました^^今日もよろしくお願いします。

 

続けて、修理についてよくお聞きする質問をご紹介します。「靴底の修理時はいつですか」という質問です。

これはもう歩かれる頻度や時間によって千差万別ですから明確にお答えするのが難しい!ただ、靴底の減り方は皆さんだいたい一緒ですので、ご自身で減り具合をチェックしてください。

まずは「かかと」が減ってきます。立った状態でかかとがぐらつきませんか?この状態なら完全に修理時です。靴底の凹凸がかかとの半分以上擦り減っていても修理時でしょう。かかと部分だけの修理ができます。

かかとの次は「指の付け根部分(写真赤い丸)」が減ってきます。減りすぎると穴があく場合もあるので、触って明らかに凹んでいるようなら修理時です。靴底全面の修理になります。

修理には2週間ほどお時間いただきます。料金は靴底の形態によって変わりますので随時お伝えいたします。かかと部分だけで2,100円~4,200円ほどです。

当店で取り扱うメーカーはほとんどが修理可能です(Think!はメーカー修理を受け付けておりません)。お気軽にお問い合わせください^^田中優でした。