ブログ250日目 足と靴のずれ

 

皆さま、こんにちは。

雨があがり、寒さもゆるむ京都です。今週も営業始まりました^^

今日は3月中旬のあたたかさということで、ツンと冷たい寒さはありません。

なので、スギ花粉が多く飛散しているようです。

花粉症ではない方も、最近では中国の大気汚染問題もありますし、気になるところですね。

 

さて、お客様から「靴を履くといつも同じ箇所の足の皮がめくれる」とのお話を聞きしました。

様々な理由がありますから一概に「原因は○○です」と断定はできませんが、原因で多いのが「靴と足のズレ」です。

靴の中で足がズレて、擦れることで皮がめくれてしまうということです。

靴と足を一体化させるつもりで、しっかり靴紐など留め具で足を固定する必要があります。

足幅が靴に触れていてもしっかり固定していれば、擦れて皮がめくれるということはないでしょう。できれば、足幅は靴にかるく触れているぐらいフィット感があるほうが理想なのです。

もちろん中敷・靴と足との相性もありますし、やはり最初のフィッティングが大切です!田中優でした。

 

<京都店営業日に関するお知らせ>

34() 臨時休業

35() 定休日

36() 通常営業

[durea ベルクロシューズ 37,800円]