ブログ251日目 冬靴の保管方法

 

皆さま、こんにちは。

日差し暖かく、小春日和な京都です。日の入らない屋内より、日向のほうがずい分暖かいですね。

こうもいいお天気だとふらっと出かけたくなりますー。

明日は春の嵐だそうで、当店にご用命の方は今日のお越しがおすすめです^^

 

とうとう2月も今日でおしまい。まだ冷える日もあるそうですが、3月になると今日みたいな良いお天気も自ずと多くなってきます。

真冬の街中でよく見かけたムートンブーツなどはもう靴棚に仕舞われてもいいかもしれません。

さて、来シーズンまで履かない靴をどのように保管されているでしょうか。

靴の保管で大切なのは「湿気対策」です。靴に湿気は大敵!

靴箱で保管される場合は側面に孔をあけたり、天気のいい日には靴棚と戸を開けっ放しにしたり、風の通りを良くします。

また、ブーツなど密閉性の高いものはブーツストラップで型崩れを防止しつつ、つま先まで空気が通るようにしましょう。今はブーツハンガーがある靴棚もありますね。

インナーがファー仕様のものは湿気が残りやすいので乾燥剤が効果的です。

靴はお手入れ次第で長持ちしますし、愛着も湧いてきます。ちょっとのひと手間、実践なさってくださいね。田中優でした。

 

<京都店営業日に関するお知らせ>

34() 臨時休業

35() 定休日

36() 通常営業