ブログ245日目 スクエアタイプのハイアーチ

 

皆さま、こんにちは。

一見してうららかな晴れの天気のようですが、昨日よりも厳しい寒さの京都です。

当分平年より低い気温が続くようです。暖かくしてお過ごしください。

 

お客様の足を計測し、オーダーメイド中敷のご提案や靴選びをサポートしている私ですが、計測している側の私の足についてお話しする機会は少ないように思います。

え、そもそも興味がない?(笑)

いやいや、もしかしたら私と似たような足の方が見られているかもしれません。なにかの参考になれば幸いです^^


私の足の特徴は「右足:22.3cm左足:22.6cm」「足幅:9cm」「つま先:スクエアタイプ」「ハイアーチ気味なので甲高」。

 

スクエアタイプとは、母趾-2趾-3趾がほぼ同じ長さで四角く見えるつま先のことを言います。

つま先は3つに分類でき、他にエジプトタイプ(母趾が一番長い)とギリシャタイプ(2趾が一番長い)があります。日本人はエジプト>ギリシャ>スクエアの順で人口が多く、スクエアはマイナーなタイプです。

靴先の細い靴は窮屈で長時間履けません。パンプス指定の会社では私は働けないと思います…。

 

ハイアーチとは、必要以上に土ふまずのアーチに高さがあることを言います。偏平足の逆症状ですね。

足裏の支点である母趾付け根-小趾付け根-かかとに負荷がかかるため、中敷のない靴では疲れやすくなります。

 

フィンコンフォートでいうと、2917/HAKODATE2062/HANEDAなどが向いています。サイズは3インチまたは36インチ。

トリッペンでは3536インチか微妙なところです。

 

足の悩みは「冷える」こと!オーダーメイド中敷を初めて体験したとき、歩くと足裏が刺激されぽかぽか感じたのを覚えています。

常では5本指ソックスを履いて血流をよくするため指先を動かすようにしています。

皆さんも自分の足、観察してみてください!田中優でした。