ブログ242日目 滑りにくい靴とは

 

皆さま、こんにちは。

晴れ時々雪の忙しい天気な京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

今朝はちょうど通勤時間と降雪がかぶってしまい、自転車通勤の私は真っ白けになって出社…。店長もバックヤードで自転車の雪を払っておられるところでした(苦笑)

さっきまでまぶしいほどの晴れ間だったのに、今は横殴りに雪が舞っています。

 

さて、雨や雪の日に気になるのが靴底の滑りです。

マンホールの上や大理石の床など、どうしても滑りやすくなってしまいます。

高級紳士靴夫・婦人靴になると靴底が革で出来ている場合もあり、履き初めは特に滑りやすいので注意です!ファッションテイストの強いサボやサンダルなどの木製靴底も同様ですね。

市販の靴はだいたい滑りにくいよう靴底に凹凸をつけています。凹凸によってしっかり地面をキャッチするためです。トレッキングシューズになるとさらに凹凸が激しくなります。

当店で扱っていますフィンコンフォートを例に挙げますと、全ての靴底にしっかりと凹凸がつけられています。

靴底はポリエーテル系ウレタンソールを使用し衝撃吸収と耐摩耗性に優れ、加水分解(高温多湿により組織が破壊されること)が起こりにくいよう改良された素材です。

ただ、長く履きこまれていると靴底が摩耗して凹凸が平らになっている場合もありますので、お気を付けくださいね。

 

また晴れ間がでてきました!

お出かけにはちょっと厳しいお天気ですが、皆さまのお越しをお待ちしております^^田中優でした。

[trippen Golf 38,850円]