足に合った靴を選んだら、次は正しい履き方を実践しましょう。留め具のある靴(靴ひもやマジックテープなど)を対象とした履き方です。

 

「靴ひもを十分にゆるめて靴へ足入れする」「靴ひもを十分にゆるめてから脱ぐ」が基本です。

靴ひもを結んだまま脱ぎ履きされると靴の傷みに繋がり、強引に靴を脱ごうとして転倒し怪我する恐れもあります。

靴のかかと部分は踏まないように、靴べらや指を使ってスムーズに足入れしましょう。

かかと部分には足へのフィット感が増すように「カウンター(月型)」と呼ばれる固い芯材が入っています。カウンターは一度曲がってしまうと元には戻せません。カウンターが曲がった靴は履き心地が悪く、靴擦れの原因にもなります。踏まないように大切に履いてください。

足を靴に入れたら、かかとを靴に合わせましょう。つま先を上に向けてかかとでトントンと地面を叩くのもいいです。

かかとの靴擦れを恐れて、合わせることに抵抗のある人もいますが、靴擦れは靴と足の摩擦によって起こります。靴と足が動かないようにフィットしていれば靴擦れが起こることは少ないです。

履く前にゆるめた靴ひもを痛みがない程度につま先側から順に締めます。マジックテープも同様に留めましょう。

靴と足を固定するためにはしっかり留めることが大切です。ゆるいままでは靴の中で足が動いてしまい疲れやすく、靴擦れの原因にもなります。

数秒で足りますので面倒くさがらず、履くたびに留めてください。