閑話休題・一歳半の我が子

皆さん、こんにちは。

さんさんと降り注ぐ日差しが初夏を思わせる京都です。

暑いことは暑いのですが、やはり最高気温が30℃以下だと気持ち良い暑さですね。

 

私事ですが、昨日は子の一歳半健診でお休みをいただきました。健診自体は何事もなく、健康に育ってくれていて良かったです。

一歳半になると出来ることが格段に増えます。なかでも、大人の真似をすることが多くなり「そんなこと真似するの!?」と驚きとともに面白くもあります。

最近では自分の靴に入っているインソールを取り出して足裏に合わせようとしていました。この動作は、私が子の足と靴のサイズが合っているかどうか確認する真似です(笑)

小さい子は履いた感覚がまだよく分かりませんし伝えられません。なので、インソールに乗ってもらって大人が目視で確認しています。

あとは馬毛ブラシで靴をブラッシングする真似。子の泥まみれになった靴をブラッシングしていたところをしっかり見ていたようです。なぜか靴底をブラッシングしようとするので、ブラシが汚れるから慌てて止めます^^;

私のせいなのか子は靴が好きで、お店で靴を見かけると試着したがります。頂き物も含めて6足靴を持っており、毎日靴選びをしています。

これからも健康で楽しい靴ライフを過ごしてほしいです。

子の小さい靴はまるで置物のように可愛いです^^
子の小さい靴はまるで置物のように可愛いです^^

アーチサポートインソールのここがミソ!

皆さん、こんにちは。

朝から雨が降り続いています京都です。おかげで気温はずいぶんと落ち着きました。

明日からはお天気で、最高気温も30℃以下のようです。5月も残りわずか、過ごしやすい季節を有効活用してくださいね。

 

昨日お越しのお客様から興味深い質問をいただきました。

「アーチサポートインソールで土踏まず部分の空間はあっていいのですか?」(下部の写真をごらんください)

補足しますと、アーチサポートインソールとは土踏まずを代表する足裏の3つのアーチを支える凸形状のインソールです。土踏まず部分の空間がない方がより継続的にアーチを支えられるのでは、とお客様は考えられたのでしょう。

足裏アーチの役割に「バネ作用」があります。地面からの衝撃吸収、動作時の推進力のもとになっている大切な役割です。

「力(体重)が加わればしなり、力(体重)がかからないときは元に戻る」、アーチにはこの動きが必要です。そのためアーチサポートインソールではアーチのバネ作用を補佐する土踏まず部分の空間があるのです。

コンフォートシューズのフィンコンフォートの場合、内蔵されているインソールに土踏まず部分の空間はありません。これはインソールの素材がコルクであることから材質的に土踏まず部分の空間が作れないのでしょう。コルクが割れてしまうのかもしれません。

また、コルクは多孔質で弾力性がある素材です。空間がなくてもバネ作用の邪魔をしないのではと思います。

アーチサポートインソールは色んな方に有効なインソールなのに、認知度の低さゆえに「なんだかよく分からない物」になりがちです。少しでもアーチサポートインソールの良さを知ってもらえればと思います^^

失敗しないサンダルの選び方

皆さん、こんにちは。

夏のような暑さに汗がじわりと滲みます京都です。

今の気温は7月上旬並み。明日の雨以降、平年並みの気温に戻るようです。とりあえずホッとひと安心でしょうか。

昨夜は京都独特のあの蒸し暑い夏が否応なく思い出されてぐったりとしました^^;少しでも涼しく快適に寝れるように、数年前から竹シーツを敷いて寝ています。竹のチップを繋ぎ合わせた鎖帷子状のシーツです。

布団に熱がこもった感じが嫌だったんですが、竹シーツを使いだしてサラッと快適に寝ています。おすすめですよ~。

 

夏の履き物と言えばサンダル。サンダルは靴と違って足を覆う部分(表革=アッパー)の面積が少ないため暑い季節に適しています。しかし、アッパーの面積が少ないということは、足を保護・固定しづらいとも言い換えられます。

覆われていないつま先を強打したり、足が前滑りしたり、サンダルでよくあるお悩みですね。

サンダルを機能的に効果的に履くために気を付けてほしいポイントは3つです。

  1. マジックテープなどの留め具がある
  2. 留め具は「足幅・足の甲」の2か所以上にある
  3. かかと回りにはベルトかカウンターがある

以上が、長く歩けるサンダルを選ぶ最低限のポイントです。店頭にもサンダルご用意しておりますのでぜひご覧くださいませ^^

大切な足の健康予防!

皆さん、こんにちは。

眩しい日差しが初夏を思わせます京都です。

今週末は最高気温が34℃になるとか…。夏本番前の過ごしやすい季節にやめてほしいですね;

今年は熱中症対策として男性にも日傘を使うよう環境省が呼び掛けているようです。「男性も日傘を!呼び掛けへ=熱中症対策で初キャンペーン-環境省(5月21日)」

今まで日傘は女性のものというイメージがありました。日傘と聞くとレースや女性らしいデザインをイメージするのが起因だと思います。

けれど、暑いのは男性も女性も変わりありません。かくゆう旦那さんも日傘が欲しいと話していました。今年の父の日は日傘、もしくはインソールはいかがでしょうか^^

 

当店も以前は女性のお客様が圧倒的に多かったのですが最近は男性のお客様も増えてきました。ありがとうございます。

女性のお客様が多いのは「足のトラブル(外反母趾など)は50代以降の女性に多い」ということ、女性の方が違和感や痛みに敏感なことが関係していると考えていました。

けれど、先述の通り、足の違和感や痛みを感じるのは男性も一緒なんですよね。個人差はあれど、性差はないのでは?

今まで男性は違和感や痛みがあっても「こんなものだ」と我慢されていたかもしれません。今は足の健康の情報を見聞きするようになって「いや、これはおかしい」と思われるようになったのかも。

そして、これからは足の違和感や痛みが出る前に予防することが当たり前になっていくと思います!

自分の足・身体のことを知る、オーダーメイドインソールを使う、足に合った靴を履く、専門家にアドバイスをもらう、など今からできる足の健康予防があります。

気になる方はどうぞスタッフにお声がけくださいませ。皆さんのお越しをお待ちしております^^

超薄型インソール BAUERFEIND/エルゴ―パッド 8900+税
超薄型インソール BAUERFEIND/エルゴ―パッド 8900+税

つま先が靴にあたっていませんか?

皆さん、こんにちは。

雲が多い空ですが時折晴れ間もでています京都です。

日差しがあると途端に暑く感じられます。初夏ももうすぐそこですね。

今日は午後から雨ということでバス通勤したんですがほんとうに雨降るのか?という天気。部屋干しにしたのに、なんだかがっくりです^^;(ブログを書き終えるころには怪しい雲行きに…!)

 

当店で靴を選ばれる時、靴を履かれる時、必ずお聞きすることがあります。「つま先が靴にあたっていませんか?」

つま先だけは靴に触れて欲しくないからです。つま先の前には1cm程度の余裕を、つま先の上も靴に触れないように。指が触れていないか靴先の上から押して確認しますが、履いているご本人の感覚も確認します。

触れて欲しくない理由は「つま先の変形(ハンマートゥ)」「爪の変形・変色(内出血)」「圧迫感によるストレス」をなくすためです。

つま先は骨それぞれが小さく、関節の可動域も広く、容易に変形しやすい部分です。関節の可動域が広いゆえに圧迫感が身体にとってストレスなことは言うまでもありません。

では、つま先が靴に触れないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

  1. 靴を選ぶとき、取り外したインソールの上に乗ってつま先の前に1cm程度の余裕があるか確認する
  2. 靴を履くとき、かかと側に体重をかけて靴とかかとをフィットさせる
  3. 靴ひもやマジックテープで足と靴を固定する

基本的には上記の3つがポイントです。

すでにつま先が靴に触れている場合は「2.靴を履くとき、かかと側に体重をかけて靴とかかとをフィットさせる」「3.靴ひもやマジックテープで足と靴を固定する」をやり直してみてください。インソールを薄くすることも有効ですね。

靴とつま先が直接触れないようにと靴先にコットンなどを詰めるのはおすすめできません。

正しい靴の履き方や選び方を知ればあなたのお悩みが解決するかもしれません^^今週も皆さんのお越しをお待ちしております。

インソールを見るとつま先がよく分かります
インソールを見るとつま先がよく分かります
靴を履くときはかかと中心に!
靴を履くときはかかと中心に!

これからの季節に活躍する新商品インソール!

皆さん、こんにちは。

晴れた空が心地よい京都です。気持ちの良い天気が続いています。連日、洗濯物がカラッと乾いて快適です。

今が1年でもっとも過ごしやすい季節かと思います^^お出かけお楽しみくださいね。

 

だんだんと暑くなってくると靴の中の蒸れが気になる人も多いのでは。今日は今からの季節にピッタリの新しいインソールのご紹介です!

その名も「VIVA SUMMER」、ペダック社のインソール・VIVAの夏バージョンです。

なにが夏バージョンかというと、まず足裏に触れる面がタオル生地のようなテリーコットンでできています。銀イオン配合で汗を吸収し靴の中を清潔に保ってくれます。

また、裏面はシサル麻という繊維で通気性が抜群です。明るいところでかざすと光が透けるほど。

靴の中でも特につま先は湿気がこもりやすいところです。空気の逃げ道がなく、湿った空気がつま先にたまります。少しでも通気性の良いインソールが良いですね。

もちろん足裏を支えるアーチサポートの形も健在!夏も快適なインソールライフをお過ごしください^^

VIVA SUMMER \2268
VIVA SUMMER \2268
気持ちいい肌触りのテリーコットン
気持ちいい肌触りのテリーコットン
裏面はシサル麻で少しでも通気性良く
裏面はシサル麻で少しでも通気性良く

令和もよろしくお願いいたします!

皆さん、こんにちは。

さんさんと輝く日差しに涼やかな風が気持ちいい京都です。GWいかがお過ごしなされたでしょうか。

私も長い連休をいただきました。GW中の出来事としては、裏庭にハーブを植えたり、子がさらにパワーアップして成長著しかったり、あとは名古屋に行ったぐらいで遠出はしていません。地元のほうが人が少なくて快適だったように思えます(笑)

 

メディゲイト京都店にはGW中もたくさんのお客様がお越しくださいました。誠にありがとうございます!ご来店が重なり、お待たせすることもあったようで申し訳ございません。

GWならではで他府県からお越しの観光客の方が多かった印象です。

午前中にお越しの方も他府県から観光に来られており、以前からずっと気になっていた小趾の痛みについてお話ししてくださいました。結果としてはお持ちのインソールを加工させていただきました。少しでも快適になればと思います。

病院に行くほどではない、かといって靴屋ではなにもできない、「病院と靴屋の間に位置して足の健康を考え実践するのがメディゲイト京都店の役割なのかな」と以前から感じています。

令和もこの精神で精進いたします。どうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします^^