当店のGW営業スケジュール

皆さん、こんにちは。

風が強くふいて肌寒く感じるGW初日の京都です。いかがお過ごしでしょうか。

異例の長さの10連休が始まりました。そして、今年のGWは年号が変わる節目でもありますね。

「令和」(いつのまにかパソコンで一発変換できるように!)、発表当時は見慣れないと思っていましたがニュースやらでもうすでに見慣れた気がします。私は昭和生まれなので「〇和」に安心感があるのかもしれません。

 

改めてGW中のメディゲイト京都店の営業スケジュールです。

  • GW店休日 ▶ 4月30日(火)、5月3日(金) ~ 5日(日)   ※定休日が日曜日のため、4月28日(日)も店休日です

お客様のご来店が重なりますとお待たせすることがあるかもしれません。ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。

お時間に余裕がない、来店日時が決まっている場合は事前にご連絡いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

皆さんが元気で楽しいGWを過ごされることを願っております^^

メディゲイト京都店紹介動画公開!

皆さん、こんにちは。

薄曇りの少し蒸した気候の京都です。

朝に降っただけで午後はまだ雨降っていません。雨が降りやすい1日に変わりはないので雨具をお忘れなく!

桜は葉桜に、今はハナミズキが見頃ですね。ずいぶんと過ごしやすい気温にもなって季節の移ろいを感じます。

さて、本日は動画の紹介です!

メディゲイト京都店を紹介する動画(2分ver)をお披露目しております。ぜひご覧になってください^^

「(メディゲイト京都店はなにをしているのか)分かりづらい」というご意見があり、知ってもらうためにはどうすればいいのか話し合って一つのツールとして動画を使うことになりました。

この動画はメディゲイト京都店を知らない方への店舗紹介動画です。メディゲイト京都店にはどんなスタッフがいて、どんなサービスがあって、どんなお客様におすすめなのかご案内しております。

店頭でも御池通に向けて流しています。そのため音声は入っていません。

また、スタッフインタビューを交えた長編バージョンも鋭意製作中!人前に出るのが得意でない私もインタビューを受けております。なかなか声がはれず苦労しました。温かい目で見て頂ければと思います…(笑)

今月も残りわずか、皆さんのお越しをお待ちしております^^

GW店休日 ▶ 4月30日(火)、5月3日(金) ~ 5日(日)

靴のかかとは〇〇な方が良い!

皆さん、こんにちは。

暖かな日差しも風も春そのものの京都です。今日は天気が良く、観光客の方が多いです!

午前中には外国人の方に道を聞かれ、ジェスチャーでなんとかうまく伝わった…と思いたいです(笑)

さて、今日のブログは「靴のかかと部分は柔らかいほうがいい」という誤った思い込みについてお話ししますね。

お客様でも「靴のかかと部分が硬くて痛くなるんです」とおっしゃる方がおられます。ここで言う「靴のかかと部分」とはヒールカーブを指します。

硬いから痛くなるのではなく、靴とかかとがこすれて痛くなっているのではないでしょうか。いわゆる靴擦れですね。

靴とかかとがフィットしていないと靴擦れは起こります。例えば、プレーンパンプス。プレーンパンプスは留め具がなく履き口が広いのでパンプスと足をフィットさせることが難しいです。前滑りした足はかかとが浮いて、ここでパンプスとかかとがこすれます。

靴とかかとが一体化して、かかとの動きに靴が追随すれば靴擦れは起きないはずです。

なので、靴のかかと部分が硬くても柔らかくてもフィットさえしていればいいのです^^

ただ、靴のかかと部分が柔らかいと歩きづらいことが…。かかとは体重のおよそ60%を支えている支柱、さながら「背骨」のようなもの。一本筋が入ってこそ本領を発揮します。

このお話しをすると驚く方多いんです。靴は柔らかくて軽ければ良いと思い込んでいる人がそれだけ多いんですね。

お出かけ日和な季節になってきました。足元から快適にお出かけされますことを願っております。

青い線が「ヒールカーブ」、青く塗った部分が「ヒールカウンター」です
青い線が「ヒールカーブ」、青く塗った部分が「ヒールカウンター」です

よくある誤った思い込み「軽い靴」

皆さん、こんにちは。

久しぶりに思える冷たい雨の京都です。通りを歩く人もどこか足早です。

明日はまたお天気回復するようですが、先日からの暖かさはありません。体調管理にお気を付けください!

 

「軽ければ軽いほど足にいい靴」とは限りません。

もちろん軽くて足にいい靴はあります。が、軽かったらなんでもいいわけではないのです。

靴は「常に全体重がかかっていること」、それも「動作を伴っていること」を考えれば丈夫でなければいけないのは道理です。丈夫でなければ足だけでなく身体を守れません。そして、丈夫であるということは多少なりとも重さが必要になってきます。

靴は様々なパーツが合わさって作られています。靴底、中底、インソール、カウンター、シャンク、裏革、表革、靴ひも、マジックテープなど…。

軽くするにはパーツを少なくしたり、パーツそのものを安価で軽いものにすれば容易です。 

靴底がスポンジのように柔らかければすぐに擦り減ります。シャンク(中底の土踏まず部分にある芯材)がなければ歩くと足がブレます。

手に持った重さではなく、大切なのは履いてみて軽く感じるかどうか。

一見して重く感じる靴でも履いてみるとそう感じないことは多々あります。正しい履き方かどうかも重要ですね。

軽い靴神話と同じように「靴のかかと部分は柔らかいほうがいい」といった誤った思い込みもあります。

これは次回ブログにてお話ししますね^^

一見すると重そうな靴?でも一番人気の靴でもあります!FinnComfort/OTARU/¥44280
一見すると重そうな靴?でも一番人気の靴でもあります!FinnComfort/OTARU/¥44280

新生活におすすめしたいインソール!

皆さん、こんにちは。

春らしく風は強いものの日差しは暖かな京都です。桜も満開をむかえ春本番!

一転して明日は冷たい雨になるようです。雨に降られて散った桜もそれはそれで綺麗ですよね。滑ってこけないようお気を付けください。

春になるとお出かけしたくなるものです。メディゲイト京都店にも連日たくさんのお客様にお越しいただいております。ありがとうございます^^

お客様が重なるとお待たせすることもあり、ご迷惑をおかけしております。ご面倒かと思いますが、お時間に余裕のない場合は事前にご来店のお電話をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

 

先日お越しのお客様は中学生の娘さんとお母さん。3年前にインソールをお買い上げいただき、新調しにご来店いただきました。

学校指定のローファーがどうも履きづらく前滑りもするのでアーチサポートのインソールを入れてらっしゃいます。

ローファーは確かにフィッティングが難しい靴です。「履き口が大きい」「留め具(靴ひもやマジックテープ)がない」という2点が原因です。

「履き口が大きい」ことで足と靴がフィットせず、かかとの浮きや靴擦れに繋がります。「留め具(靴ひもやマジックテープ)がない」ことがさらに助長させます。特に細く薄い足の方には致命的です。

そこでアーチサポートのインソールを入れることで靴の中のスペースが埋まりフィット感が高まります。また、足裏の凸凹とインソールの凸凹ががっちり噛み合うと前滑りもしづらくなります。

新生活、新しいインソールで少しでも快適に過ごしていただければと思います^^

薄いのにアーチサポートはしっかり!バウアーファインド・エルゴ―パッド
薄いのにアーチサポートはしっかり!バウアーファインド・エルゴ―パッド
インソール売り場のディスプレイを刷新しました!
インソール売り場のディスプレイを刷新しました!

フィンコンフォートの春夏フェア!

皆さん、こんにちは。

花冷えらしいお天気となっております京都です。お店近くにある神泉苑の桜は満開に!桜が咲いているとふと足を止めてみてしまいますね。

今季もフィンコンフォートの春夏フェアが始まりました。

春夏商品の種類は正直少ないのですがお取り寄せ可能です。お気軽にお申し付けくださいね。

お買い上げのお客様には「シューレースアクセサリー(2種類)」「L字型スニーカーソックス(\2000相当)」どちらかをプレゼント!

また、DMをお送りした会員様限定の特典もございますので、DMをご持参の上、お越しくださいませ。お待ちしております^^

 

先日10年近くぶりにご来店のお客様が立て続けに来られるミラクルがありました。どちらのお客様もフィンコンフォートを履いておられて「フィンコンフォートほど履きやすい靴はなくてずっと気にしていた」と当店の会員カードも大事に持っていて下さり…。ありがたいことです。

フィンコンフォートの「10年も履ける丈夫さ」は「履きやすさ」とも関係しています。

すべて本革で作られていること、履き心地の要であるカウンターが丈夫なこと、修理が可能なこと、などなど。こればかりは履いていただかないと分からない感覚かと思います。

春夏フェアをきっかけに一度ご試着してみてください!今週も皆さんのお越しをお待ちしております。

シューレースアクセサリーとは、靴ひもに取り付ける靴用アクセサリーです
シューレースアクセサリーとは、靴ひもに取り付ける靴用アクセサリーです
フィンコンフォートとrasoxがコラボした靴下です
フィンコンフォートとrasoxがコラボした靴下です