フィンコンフォートのメンテナンス

皆さん、こんにちは。

夕方から一雨降りそうな京都です。

お昼を過ぎてから随分と雲行きがあやしくなってきました。気象庁を見てみると近畿のいたるところで雨雲が発生しています。兵庫県で発生した発達した雨雲は16時以降京都にさしかかるかも?

明日明後日1日2日は定休日のため、連休です。お間違いのないようお気をつけください。

 

5年前お買い上げのフィンコンフォートのメンテナンスに常連のお客様がお越しくださいました。ありがとうございます^^

修理をしながら愛用していただいている靴ですが、今回は「靴の中で足が前滑りするようになった」とのこと。

考えられる可能性は2つあります。

  • インソールの表面が摩耗している

フィンコンフォートのインソールは表面に本革を使用しています。長年履かれていますと靴下との擦れによって光沢がでてきます。まるで革製品を磨いて光沢を出すようなことを自然とおこなっているのです。つるつると滑りやすくなるのでマジックテープやひも靴で留めても靴の中で滑るような感覚になります。仕方のない経年変化です。

  • アッパーの革が伸びている

インソールの表面と同じく仕方のない経年変化の一つです。本革の靴は履くごとに足部に馴染みます。最初は硬い革も履き続けるとしなやかな柔らかい革に変容するのです。その柔軟性が本革の良さでもありますが、時には履き心地に緩みが生じます。履き心地が変わってしまうのも否めません。

お客様の場合、まさに上記二点の問題でした。

まず、インソールの表面に関しては起毛素材に貼り替えました。靴下の素材と起毛素材の繊維同士が絡んでフィット感が生まれます。見た目もきれいになっておススメです。

アッパーの革は伸びてしまったら縮めることは出来ません。けれど手立てはあります。フィンコンフォートの靴はインソールが取り外しできますので、インソールの下にフラットなインソールを挟むのです。厚みは1~3mm程度。厚みをだすことで靴の中の空間を狭めます。結果、緩んでいた履き心地をピッタリと合わせることができます。

長年履いていた靴の前滑りの原因は他に「足部が痩せてしまった」「かかとに合わせて履いていなかった」ということも考えられます。また、修理をしても靴の履き心地が変わってしまったときは買い替えどきの合図、靴の寿命なのかもしれません。

愛用している靴は長く履きたいもの。お客様と靴の仲を取り持てるよう、努めさせていただきます^^


閑話休題・観光都市の京都

皆さん、こんにちは。

昨日に引き続いて蒸し暑さは変わりません京都です。遠出されるか家にこもっている方が多いのか、人通り車通り共に少ない気がします。

さて、連日京都市観光におけるバス問題がネット上で目につきます。先月のブログ「閑話休題・観光地の混雑問題」でも話題にしました。

路線バスの1日乗車券を値上げし路線バス地下鉄1日乗車券を値下げして観光客を地下鉄へ誘導する市の計画、観光客の路線バス内キャリーバッグ持ち込みに困惑する京都市など。…観光客の方が悪者扱いされているように感じるのは私だけでしょうか?

確かに地元民として頷けるところはあります。バスより地下鉄の方が収容人数が多く、移動時間も少なく、時刻表通りに発着するので観光客にはぜひ利用してほしいです。キャリーバッグはただでさえ狭いバス車内がさらに狭くなりますから遠慮いただきたいところ。

ただ、地下鉄は路線も駅も少なく主要観光地へ行くのには適していません(金閣寺、銀閣寺、嵐山、祇園方面など)地下鉄を利用したくても不便では意味がありませんからね。そして、自分も観光客ならホテルまで駅までの最短最安の移動手段でキャリーバッグを移動させます。

なんだか観光客に無理を押し付けている気がしてならないのです。京都を観光地として誘致しているのは京都市。行きはよいよいと誘っておいて、ああしろこうしろと待遇が悪ければ「おもてなし」精神に反するのでは。

観光客は京都市にお金を使っています。直接懐に入ってくるわけじゃなくても、地元民もその恩恵にあずかっているはずです。

主要観光地への直通バスの周知、主要ホテルには定期バスを増便・運行の周知、観光タクシーの格安化など…。素人の私がこんなぐだぐだ考えていなくても京都市上層部の方はもっと具体的に地元民も観光客にも歓迎される対策を考えておられることと思います。ですよね?

今後の動向が楽しみです。またブログでくっちゃべるかと思います^^;

お子さんの靴選びについて

皆さん、こんにちは。

連日の曇り空でたいへん蒸し暑くなっています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

小中高生の皆さんはもう夏休みなんですね。友達同士や家族でお出かけされる姿をよくお見かけします。

大人になると一か月の夏休みは長く感じますが子供のころは足りなかったように思います。遊びに宿題に、夏休みを存分に楽しんでください^^

 

地下鉄車内は格好の足元観察の場です。向かい合って座っているため、自然と向かいの乗客の足元を見てしまいます。

小中高生は圧倒的にスニーカーを履いていることが多いですね。中高生になると自分の意思がはっきりしますし靴選びの際も自分の意見がでてくるかと思います。

小学生以下ではまだよく分からず親御さんが決めることが大半です。履いているのはお子さんですから、親御さんもお子さんに確認されます。

ただ、試着してもその靴が良いのか悪いのか分からないお子さんも多いようです。実際、足趾が曲がるほど小さい靴を履いていてもお子さん自身は気づかなかった話を読んだことがあります。

お子さんが小さいときは靴のインソールを取り外して目視で確認してみて下さい。インソールのかかと・足のかかとを合わせて、つま先の前に1cmの余裕があるかどうかチェックするのです。

いわゆる「捨て寸」でもあるのですが、お子さんの場合は成長の伸びしろでもあります。2cmは大きすぎるし、5mmは狭すぎるイメージ。

もちろんマジックテープや靴ひもを締めて、靴の中で足が前滑りしないようにしてくださいね。

お子さんの靴選びで最低限チェックしてほしいところです!

今お履きの靴もインソールを取り外してサイズが合っているかチェックしましょう!
今お履きの靴もインソールを取り外してサイズが合っているかチェックしましょう!

ヒールの高さあれこれ

皆さん、こんにちは。

雲の多い空となっています京都です。午前中はお天気もっていますが午後から通り雨の確率が高くなるそう。

昨日の夕方は久しぶりに風が爽やかに感じられました。気象庁のアメダス表形式を見てみると、やはり昨日の午後は軒並み湿度60%以下。気温よりも湿度が不快感と深い関係みたいですね。ダジャレみたいですが^^;

 

女性のお客様とよく話題にするのが「ヒールの高さ」。女性靴にはヒールの高さが様々あります。

ヒールが高いと歩きづらいことは身をもって経験されているのではないでしょうか。

実際、ヒールの高さが3cm以上になりますと前足部(足幅からつま先)に体重がかかって、足裏のアーチがアンバランスに。足趾の付け根にも負担がかかり、胼胝などの原因となります。

それだけでなく歩幅が狭いちょこちょこ歩き・すり足歩行にもなりやすいですし、6cm以上になると常につま先立ちをしている状態になります。足へのストレスが強く非効率な歩き方です。歩きづらいことは明白ですね。

では、ヒールが低ければ低いほど快適なのでしょうか?実はそうでもないのです。

イスに座って足の力を抜くと、自然とつま先が下を向くと思います。人間の足部は少しだけ傾斜がかっています。足部にとって負担の少ない自然な形は、つま先が下向きで少しだけかかとが上がった状態です。前進運動のしやすさからも、効率的なヒールの高さは2.5cmと言われています。

また、ヒールが低い靴は靴底も総じて薄くなりますから、衝撃吸収に適していないというデメリットもあります。ヒールが低くても靴ひもやマジックテープといった留め具がないとかかとが脱げやすくなりますし、ヒールが低ければそれでいいというわけではありません。

ヒールは足の美しさを見せるためだけにあるわけではなく、足の機能性を高める仕様でもあります。これからぜひヒールの高さもチェックしてみてくださいね。

(参考:一般社団法人足と靴と健康協議会「シューフィッター養成講座テキスト」)

手前から、ヒールの高さ「28mm」「25mm」「18mm」
手前から、ヒールの高さ「28mm」「25mm」「18mm」

自分だけの足部の特徴を知ろう

皆さん、こんにちは。

昨日に引き続いて蒸し暑い1日となりました京都です。

お休みだった昨日は25日ということで北野天満宮の天神さんにまたまた行ってきました^^いつもの造園屋さんで苔玉を買い、骨董市でも買い物出来ました。昨日は今日以上にムシムシとしていて、お客さんも露天商の方も少なかったです。

帰りに北野天満宮向かいにある和菓子屋さんで念願の粟餅!あんこときなこがほんのり甘くて、暖かいお茶が沁みました~。

家を出たときは出掛けるのをやめようかと思うほどの暑さでしたが良き休日でした。

 

本日も暑い中ご来店いただきましてありがとうございます^^

お友達から紹介されてご来店いただいたお客様もいらっしゃいました。紹介されたお店って行きたくなりますもんね。

ただ、お友達と自分の足がまったく一緒とは限りません。お友達にはぴったりフィットした靴だから自分にもフィットするとは残念ながら限らないということです。そこは足を計測させていただいて、お客様に合ったインソールや靴をご案内いたしますのでご安心ください。

想像されている以上に足部には個性があります。幅広でも甲は薄いか厚いか、かかとは細いか太いかなどなど。十人十色は足部にも言えること。親子でそっくりの足をされた方もいらっしゃいますが、やはり全く一緒とはいきません。

「なかなか足にあう靴がない」とお悩みの方はご自身の足部の特徴を知らないだけかもしれません。ぜひ一度足部の計測してみてくださいね。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております。

足部が十人十色のように、靴も同じサイズ表記ですらさまざまな種類があります
足部が十人十色のように、靴も同じサイズ表記ですらさまざまな種類があります

夏本番!サンダルのあれこれ

皆さん、こんにちは。

厚い雲に覆われてムシムシしています京都です。気温はそこまで上がらないようですが、不快度指数は高そうです。

花屋さんで一目ぼれしてクワズイモという観葉植物を家へ迎えました。多湿を好むのでムシムシした京都にはぴったり^^;

大きな葉っぱの観葉植物が好きです。生きているエネルギーに溢れていて元気になります。タビビトノキなんか最高ですね~。

 

夏本番になり、サンダルでお出かけされている方も多くなりました。

昨今、サンダルと靴下を合わせるファッションもメジャーになっています。靴下を履くことで過剰冷房の冷え対策にもなりますし、足裏の汗も吸収してくれるので個人的におすすめです。

「足裏の跡がサンダルにつくからストッキングを履く」とおっしゃる方がおられますがストッキングの素材上汗を吸収してくれませんのでかえって逆効果なことも。汗が蒸れを起こして匂いや雑菌も繁殖させてしまいます。

跡が残ったインソールの表面を貼り替える、汗を吸収しやすい綿素材のフットカバーを履くなどして対策できます。

ファッション的な要素が高いサンダルですが、スポーツサンダルのブームのようにマジックテープやベルトが太くしっかりした機能的サンダルも流行っています。どうか夏も足の健康を考えてお出かけください。足の健康は身体の健康に繋がっていますよ^^

(以前のブログもご参考ください。「サンダルのお買い上げありがとうございます」「サンダルのつま先に注目!」

サンダル選びのポイント
サンダル選びのポイント

足のサイズより大切なことは「足の形」

皆さん、こんにちは。

お昼になって雨がぱらつき始めました京都です。

トップページとブログ、Facebookでもお知らせしています通り、8月のお休みが決まりました。

普段の定休日である火曜・第一第三水曜日に加えて、今年のお盆休みは8月13日~16日です。お間違いのないよう、ご注意ください。

諸事情により臨時休業や営業時間の変更がある場合は出来るだけ早くお知らせいたします。

 

先ほどご来店のお客様、ご自身では「大きく幅広の足」だと思われていました。靴の窮屈感が苦手だそうです。

しかし、計測させていただいたサイズを見る限り、特に幅広の足ではありませんでした。靴のJIS規格に当てはめると「E」ぐらいです。

では、なぜ「大きく幅広の足」だと思い込まれていたのでしょう。それは足部の形が大きく関係していました。

お客様は土ふまずが低くなり内側に張り出したような足部をされていました。写真のように、かかととつま先も外を向いている状態です。

土ふまずの辺りが内側に張り出していますからどうしても靴に圧迫されます。つま先が外を向いているため、靴先の形も合いづらくなります。かかとの靴の収まりも悪いため、靴擦れしやすいかもしれません。

ですから、靴に圧迫感があって靴のサイズを大幅に大きくされたのではないかと考えられます。

もし同じサイズの人が他にいたとしてもかかとの形、土ふまずの形、つま先の形が違えばそれはもう別物です。人間の足は鋳型で作られているわけありませんから、同じサイズでも違う形ということはあり得ます。

サイズも大切ですが、さらに大切で気にかけて頂きたいのは足や靴の形です。まずは足部の計測をして、ご自身の足のことを知ってください^^

右足部骨格模型
右足部骨格模型

「コンフォートシューズ」とは

皆さん、こんにちは。

言い飽きましたがやっぱり言いたくなるほど暑い京都です。曇り空のためギラギラした暑さではなくムシムシした暑さですね。

定休日だった昨日、家の冷蔵庫を交換してもらいました。この暑さのせいなのか、冷蔵庫が冷えづらくなり加えて水漏れしだしたのです。夏に冷蔵庫が使えないなんて!メーカーに問い合わせましたところ保証期間内のため無償交換の運びとなりました。助かりました~。

暑い時期にフル稼働する冷蔵庫や冷房はやはり傷みやすいんでしょうかね。

 

巷でよく聞きます「コンフォートシューズ」とはメーカー名でありません。「履き心地、歩き心地を重視した機能性の高い靴」の総称です。

ややこしいのですが、当店で取り扱っています「フィンコンフォート」はドイツの靴メーカー名です。コンフォートシューズの一つに「フィンコンフォート」がある、ということですね。

お客様よりお問い合わせいただきましたのでブログでもご案内しておきます。

他にも、お客様に「中敷」とお伝えしてもピンとこられず「インソール」と言い直して合点された場合もありました。「中敷」「インソール」「足底板」はほとんど同じ意味合いです。

自分が知っているゆえ、お客様も知っているだろうという前提でお話ししてしまうことがあるので反省です;

今週ももれなく暑くなりそうです。体調に気を付けつつ、皆さんのお越しをお待ちしております^^

FinnComfort(フィンコンフォート) ACAPULCO 37800
FinnComfort(フィンコンフォート) ACAPULCO 37800

メディゲイト京都店だからできること

皆さん、こんにちは。

曇りがちのお天気のおかげで今朝は暑さを感じずに済みました京都です。

昨日夕方の通り雨から気温が5℃近く下がり、夜も30℃を超えることはありませんでした。しかし、あくまでも気象庁で計測した気温です。体感気温は依然として蒸し暑く、動けば汗がにじみました。

電気代が気になるところですが背に腹は代えられません、冷房を正しく利用してくださいね。

 

最近はインターネットで検索して頂いてのご来店が増えました。昨日お越しのお客様たちもそうです。

足に違和感があるという旦那さんの足の計測をして、靴やインソールのアドバイスをさせて頂きました。

ついでだからと一緒に来られた奥さんも足の計測しましたところ、日頃足に対して不満に思っていることやトラブルが明らかになり驚きに。また、知らなかった自分の足の特徴を知り、納得されていました。

なにも特別なことはしていません。今までの知識や経験則にもとづいてお話しをしているまでです。

ご自身の足をまじまじと見る機会はそうありませんよね。それも客観的に、面と向かって見ることは難しいでしょう。鏡にうつった自分の足もどうしたって見下ろす形になるので、正しく見づらいのです。

当店は病院ではありませんので診断ではないことをご理解ください。可能性として考えられることをお話ししています。

ご夫婦ともにインソールをお買い上げくださり、奥さんには靴もお求めいただきました。ありがとうございます^^

お帰りの際に「良い勉強になりました」とおっしゃって頂けて、物品を売るだけでなく足の大切さをお伝えできてたいへん満足感がありました!これこそが当店の価値だと思っているからです。

明日明後日18日19日は定休日です。また20日から皆さんのお越しをお待ちしております。

雨の日に注意したいこと

皆さん、こんにちは。

雲が多く日差しが和らぐ時間がありますが暑いことに変わりはありません京都です。

昨日、来店されて開口一番「サンダルありますか?」と仰ったお客様がおられました。初めてご来店の方です。右手には靴底のような物をお持ちでピンときました。今お履きのサンダルの靴底が加水分解を起こしたのです。

まだ2回しか履いていないサンダルだそうで、久しぶりに履いたら靴底が剥がれてしまったとのこと。

ちょうど履き心地デザイン値段ともに納得頂いたサンダルをお買い上げくださいました。ありがとうございます^^

出先で突然靴底が剥がれてしまうのは見た目も良くありませんし何より怪我にも繋がります。久しぶりに履かれる靴は靴底をチェックしてから履くようにしてくださいね。

分厚い雨雲が市内にかかろうとしています。空が暗くなり遠雷が聞こえたら無理に移動なさらず雨宿りなさってください。

濡れてしまった靴は放置せず、雨を拭く・インソールを取り外す・新聞紙を丸めて靴に入れるなど十分に乾かしてから靴棚に仕舞いましょう。

本日もご来店ありがとうございました!明日もよろしくお願いいたします。

インソールが必要な理由

皆さん、こんにちは。

午前中から暑さ厳しい京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

7月に入り、あっという間に祇園祭の宵々山となりました。今年は連休と重なっているということもあり、例年以上の人出が見込まれるようです。

屋外で人ごみの中のお祭りになりますから十二分に熱中症対策気を付けて下さい!夜だから熱中症にならないわけはありません。

当店も三若神輿会さんへの御神酒を通じて祇園祭に参加しています。京都の夏ですね^^

 

先日、お子さんと一緒にお越しくださったお客様がおられました。ありがとうございます。

お子さんは土ふまずが低くかかとが外反しており足部に不調を訴えておられたのでアーチサポートのインソールをオススメしました。その後、「当店には老若男女問わず足のトラブルがない方も来て頂くんです」とお話ししていると「なんで足にトラブルがなくてもインソールが必要なんですか?」と質問されました。

アーチサポートのインソールは特別なもので使う人が限られているわけではなく、極論を言いますと二足歩行する人間全てに必要だと考えています。二足歩行する人間には土ふまずを代表とする足裏アーチがあるからです。

靱帯や筋肉で形作られているアーチ、時間の経過と負荷のかかり具合によりたゆんできます。足になんのトラブルを感じていない人でも朝と晩ではアーチの形状が変わってきます。このたゆみの差が激しいと疲れやすくなったり、トラブルが起こると言われています。

アーチサポートのインソールをお買い上げ下さった別のお客様が久しぶりにご来店くださいました。「インソールを一度履くと(インソールを)入れてないの靴が物足りない」ということで差し替え分をさらに2足お買い上げ下さいました。

特にトラブルがない方もアーチサポートのインソールを入れることで「なんとなく心地よい」「歩きやすい」と感じてもらえたら必要な理由はあると思います!それにはまずインソールを体感してもらうことが大前提。ぜひインソールを試着してみてくださいね。

既製インソールの他、オーダーメイドインソールもご提案いたします
既製インソールの他、オーダーメイドインソールもご提案いたします
インソール内蔵のコンフォートシューズもご用意しています
インソール内蔵のコンフォートシューズもご用意しています

今週もよろしくお願いいたします

皆さん、こんにちは。

雲に覆われ鬱陶しいほどの蒸し暑さとなっています京都です。

定休日だった昨日、朝からバスで出掛ける用事があってたいへん疲れました。というのも、朝から体感気温は30℃以上超え、バス停でバスを待つ間も息苦しいほどの熱気。かと思えば、バス内の冷房で瞬時に身体が冷やされます。目的地に降りたらまた熱風…。

帰宅すると身体がだるくて、しっかり水分補給してぬるめのお湯で半身浴しました。熱帯夜だったこともありまだ身体はシャキッとしていませんが。

普段は1日中冷房のかかった店内にいますから、昨日は夏の不快感が身に染みました。屋外でお仕事の方はほんとにお辛いことでしょう。

熱中症で今月すでに6人の方がお亡くなりだそうです。高齢の方だけではなく、体力があるであろう30代の方もおられました。最悪の事態にならなくても熱中症で気分を悪くされた方は上記人数の何十倍もおられることと思います。

お互いに無理はしないように、この夏を乗り切りましょうね!

夏本番を前にして有難いことにサンダルもお色によっては売り切れております。ありがとうございます^^

どうぞ気になっている方はお早めにお申し付けくださいませ。今週も皆さんのご来店お待ちしております。

FinnComfort FES 29160
FinnComfort FES 29160
FinnComfort STANFORD 27000
FinnComfort STANFORD 27000

靴のサイズ表記は正解ではない!

皆さん、こんにちは。

今日も相変わらずの暑さとなっております京都です。

3日連続した夕立は今日も降るでしょうか?奈良や三重では発達した雨雲が発生しているようです。雨が降って涼しくなればいいのですが…。

明日火曜日は定休日です。お間違いのないよう、ご注意ください。

 

先日のブログで<「外反母趾」と幅広の靴>を話題にしました。ちょうど興味深い表記を発見したのでご案内します。

お客様からご質問いただき、ある靴メーカーさんのカタログを見ていました。「4E」相当の靴型を用いて作られている靴のようです。

しかし、カタログに表記してあるサイズ表は「4E」の数値ではありませんでした。

例えば「女性・足長23cm」の「4E」はJIS規格によって「足囲246mm・足幅100mm」と決められています。カタログに表記してあったのは「E」の「足囲228mm」ぐらいの数値でした。

よく読むと、サイズ表の注意書きとして「4E(社内基準)」「参考値であり実際の採寸数値とは異なります」と書いてありました。

なにもこの靴メーカーさんを批判したいわけではありません。靴の素材は伸縮性がありますからどのように計測して採寸するかも難しいことでしょう。足部は立体ですし数値だけで全てを把握することは出来ません。

つまりは、細かく数値化してもやっぱり履いてみないと分からない、ということをお伝えしたかったのです。

靴のサイズ表記は正解ではなく、参考までにとどめておいて、いろんな靴を試着していただければと思います^^

本日もご来店ありがとうございます

皆さん、こんにちは。

夕方になり激しい雨に見舞われています京都です。

3日連続の夕立です。いや、夕立と表現するのは生易しいかも。集中豪雨といったところでしょうか。アメダスレーダーでも近畿に発達した雨雲が流れ込んで合体したのが見てとれます。

今日はお客様のご予約とご来店が続き、お待たせすることが多くご迷惑おかけいたしました!夕方また来ますと言って頂けたO様、きっと雨で来られなくなってしまったかと思います。貴重な時間をつぶしてしまい、申し訳ございません。

お電話かけて下さったお客様も電話に出れずに申し訳ございませんでした。折り返しましたがお留守のようでしたのでまた何かございましたらご連絡くださいませ。

小さいお店ゆえにお時間の都合などお決まりでしたら事前にご連絡ないしご予約いただけると幸いです。ご不便おかけいたします。

雨はひとまず小降りになりましたが、まだ空は暗く遠雷が響きます。明日も雨の予報です。明日も営業しておりますので皆さんのお越しをお待ちしております。

「外反母趾」と幅広の靴

皆さん、こんにちは。

真夏のような日差し眩しい京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日のブログで「雨が降る予報はありません」と書きましたが、夕方に通り雨が降りましたね^^;30分ほどの短い時間でしたが視界が悪くなるほどの集中豪雨でした。

大気が不安定なこの時期は天気予報も難しいのでしょう。

 

外反母趾や足幅が広い方が「どんなに幅広の靴でも足が痛んで合わない」とおっしゃることが間々あります。

幅広の靴と言うと「EEE」や「3E」という表示を思い浮かばれる方も多いでしょう。JIS規格によって決められた足幅の周径を数値化したサイズ表記です。「A」が一番細く狭く、アルファベットが進むごとに太く広いサイズ展開となっています。

そんな幅広の靴を履かれているとして、靴先の形はどうですか?靴の幅は広いけれど、靴先は細くなっていないでしょうか?

足幅が広い方は比例してつま先も広いはずです。靴の幅が広くても靴先が狭いとつま先が圧迫されて快適に感じられません。靴の幅ではなく靴先の形で選んでみて下さい。ご自身のつま先と似た形をした靴先がベターです。

そして、靴を履いたとき、足の指が伸びて靴先に当たらないこと。かかとに合わせてから、靴ひもなど留め具でしっかりと足と靴を固定しましょう。

お話を聞いていますと、靴幅ばかり注目されて靴先は気にされていないことが多いなと思います。「幅広の靴ならなんでも良い」という誤った思い込みが先行して、正しい靴選びが出来ていないのではないでしょうか。

足部の計測や靴選びのアドバイスもしています。どうぞお気軽にスタッフまでお聞きくださいませ^^

①私の足です。つま先が四角い形をしています(スクエアトゥ)→
①私の足です。つま先が四角い形をしています(スクエアトゥ)→
②写真上のオブリークトゥの靴が合います。写真下のようなセミラウンドトゥの幅も細い靴は合いません。足部と靴の形を見比べれば一目瞭然です。
②写真上のオブリークトゥの靴が合います。写真下のようなセミラウンドトゥの幅も細い靴は合いません。足部と靴の形を見比べれば一目瞭然です。

「外反母趾」と手術

皆さん、こんにちは。

雨が降る予報はありませんが薄曇りの1日となっております京都です。

湿度がそこまで高くなく蒸し暑くないのが幸いです。この先1週間は最高気温30℃以上の真夏日が続くようです。

まだ梅雨前線は居座り続けていますし、夏の本番はどんな暑さになるんでしょう…。おそろしい~。

 

さて、前回のブログは外反母趾についてのお客様からの質問でした。本日も外反母趾に関するよくある質問です。

「外反母趾の手術をしたほうがいいのでしょうか」というご質問です。

当店は病院ではありませんのでおすすめも診断もできません。詳しくは整形外科を受診されて、お医者様から手術のメリット・デメリットをお伺いされればと思います。

お客様の中には外反母趾の手術をされた方もお医者様に薦められたけれどされなかった方もいらっしゃいます。お客様の反応も様々です。

外反母趾の手術に関しては、ある整形外科医の方の著書に書かれていた一文を思い出します。

「外反母趾で悩んで私の所を受診する人のほとんどは、『形をなおしてほしい』のではなく、『形はこのままでいいから、痛みなく歩きたい』と希望しているのです。」「足のトラブルは靴で治そう-ようこそ足と靴の外来へ!」塩之谷香著

だから手術の前に靴やインソールを見直してみては、と著者は続けています。

この考え方には賛成です。やはり手術となると時間もお金も体力もかかります。その前に、手術より手軽にできるであろう靴とインソールを見直すことは無駄ではないと思います。

見直すときはぜひシューフィッターや足を見てくれる靴屋さんに出向かれてくださいね。快適に歩かれますことを願っております。

FinnComfort サンダル・FES 
FinnComfort サンダル・FES 

「外反母趾」と草履や下駄

皆さん、こんにちは。

梅雨最中に有難い良いお天気に恵まれています京都です。

台風の影響は少なかったものの、その後の梅雨前線南下により九州で大雨が続きましたね。ニュース映像はさながらあの震災時の津波のようで…。

今回、気象庁の「洪水警報の危険度分布」マップを初めて見ましたら、日本全国の川の多いこと!大小の川が毛細血管のようにひしめきあっていて驚きでした。大雨による川の氾濫はどの都道府県でも他人事ではないと痛感。

九州の警報は解除されたものの、土中にはまだ過分に雨が留まっているようです。今後、甚大な被害がでないことを願います。

 

外反母趾でお悩みのお客様から「外反母趾には草履や下駄が良いと聞いたことがありますが本当ですか?」と聞かれたことがあります。結論として、「良いとは思えません」とお答えしました。

草履や下駄には鼻緒があり、外に向いた母趾と二趾を離すので一見して外反母趾を緩和してくれそうに見えます。

ですが、外反母趾は「母趾が外向きに曲がっている状態」だけではなくて、「足部のアーチバランスがくずれた結果として母趾が外向きに曲がっている状態」なのです。趾同士を離したところで根本的な原因は解消されていません。

草履や下駄が心地よいから履かれている分には何も言うことはありません。私も家の中ではスリッパ代わりに布製の草履を履いています。

ただ、草履や下駄にはアーチサポートの機能がなく、かかとの外反を支える機能もないため、外反母趾に良いかどうかは懐疑的です。母趾の付け根にバニオンというコブができていて痛む方には、痛みの緩和にはなるかと思います。

外反母趾は認知度も高く見た目にも分かりやすいのでよくご質問をいただきます。またブログでも数例ご案内いたしますね。


インソールで姿勢の良さを実感!

皆さん、こんにちは。

昨日は大雨、明日は台風、つかの間の晴れ間がでています京都です。

何はともあれ暑いです!忘れかけていた京都の夏の厳しさを1年ぶりにまざまざと思い出させてくれますね;

明日午後からは台風が接近するようです。明日明後日の4日5日は当店定休日のため連休となりますことお間違いないようご注意ください。

 

先ほどご来店のお客様にフィンコンフォートの靴とオーダーメイドインソールをお買い上げいただきました。ありがとうございます^^

歩き心地、履き心地にもご満足いただけた中、立っている時のご自身の姿勢の良さに驚かれていました。もとより猫背気味でお仕事も前傾姿勢になることが多く気にされていたようです。

二足歩行の人間が立っている時、かかと足裏には体重の約50%がかかっていることが理想的と言われています。次いで、親指付け根に約35%、小指付け根に約15%と続きます。この足裏の比率はアーチ(土ふまず)が低くなったりと足部がアンバランスになることで容易に崩れてしまうのです。

多いのが前足部(親指付け根、小指付け根)の比率が多くなること。アーチが低くなることで前に体重が乗りやすくなります。こうなると下半身、上半身も前傾姿勢になります。

お客様の場合、オーダーインソールでアーチサポートし、フィンコンフォートの靴底が安定感を生んで、姿勢が正された感覚が強かったのではと思います。

常々お話ししています通り、「足部は身体の土台」です。足部のバランスが安定すれば、おのずと身体のバランスも安定すると考えられます!

アーチサポートとフィンコンフォートの靴底、ぜひ体感してみてくださいね。

靴底×湿気=加水分解とは?

皆さん、こんにちは。

雨はあがってたいへん蒸し暑く感じられます京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

ぜひ見て頂きたいネットニュースがありました。「靴底が急に剥がれ転倒する事故、注意呼びかけ TBS系(JNN)7/1(土) 9:10配信」

たまに道路に靴底だけが落ちていることありますよね?これは「加水分解」と呼ばれる現象です。

靴底の素材が空中の湿気を吸収して劣化しボロボロと分解してしまいます。履いた回数、靴の値段やメーカーに関わらず起こってしまう現象です。普段めったに履かない冠婚葬祭用の靴やスキー靴、登山靴、長期間履いていない靴は要注意!

一度加水分解してしまった靴は履かないでください。つま先だけ加水分解したから、と履いてしまうと急に靴底全体が剥がれ落ちてしまい、ニュースのように転倒・怪我の恐れがあります。

対処法としては「時々履くようにする」「保管場所の通気を良くする」ことが有効です。除湿することが大切なんですね。

高温多湿な気候が続くこれから特に気を付けていただきたいです。

余談ではありますが、靴の音鳴りも湿気によるところが多いようです。

愛用していた靴が音鳴りしたことがあります。たまたま1週間続けてその靴を履いていました。もしかしてと思い、別の2足と合わせてローテーションを組んで履いたところ、音鳴りしていた靴が鳴らなくなりました。

2日休ませることで靴内の湿気、汗が発散したようです。何にしても湿気は靴の大敵だということを覚えておいていただきたいです。