街で見かけた気になる歩き方

皆さん、こんにちは。

気持ちのいいお天気でお出かけ日和となっています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日、地下鉄のホームで地面にお尻はつけず座り込んでいる女性がいました。気分が悪いのかなと注視していましたが、電車が来るとすくっと立ち上がって何事もないようでひとまず安心。

女生とは同じ駅で降りて、女性の歩き方を見て合点いきました。「座り込んでいたのは歩くのがしんどいんだ!」と。

女性はヒール5cm以上のブーティを履かれていました。そして、過度の内股歩きでした。足が八の字のまま歩かれていて、よくぞ足同士がぶつからないなと感心するほどです。

つま先をわざと内に向けて歩くと歩きづらいことは想像にたやすいと思います。脚の外側にある筋肉ばかり使って疲れますし、前進しにくいのです。また、お尻も大きく見えてしまい見た目もよくありません。

つま先はまっすぐ進行方向に向けて、膝小僧と足の第二趾が同じライン上にあるように歩くこと。最低限のポイントです。

今回お見かけした女性の場合は偏平足や回内足、股関節にトラブルを抱えられているのかもしれません。階段を登るのもつらそうで、「正しい歩き方は」といきなり話しかけては不審者極まりありませんから彼女の前をつま先を前に向けしっかり歩かせてもらいました^^;歩き方見てくれたかな?

歩いている人の足元をついつい見ては日々こんなことを思っています。靴ひもを結んでいない男の子の靴ひもを結ぶのもグッと我慢(笑)

せっかくおしゃれしていても誤った歩き方では見た目も身体にも良くありません。ぜひ歩き方意識してみて下さい!

第二趾~膝小僧が同じ直線上にあるように
第二趾~膝小僧が同じ直線上にあるように
内股歩き
内股歩き

足と靴が離れないと歩きやすいということ

皆さん、こんにちは。

雨はあがって夕方からは日差しもでてきました京都です。今日は厳しい冷え込みがないですね。曇りのおかげです。

が、今日の最低気温8℃=明日の最高気温8℃という予報!寒暖差にご注意ください。

 

本日お越しのお客様、他のお客様のご紹介でご来店くださいました。ありがとうございます^^

股関節にトラブルがあり常日頃歩きづらい生活をおくってらっしゃいました。病院での治療と並行して、まずは靴やインソールを見直してみようとお越しくださったそうです。

足の計測や特徴をお話しした上で、足首まで支えられて安定感のあるハイカットブーツをお買い上げ下さいました。「足首がぎゅっと締められると安心感がある」と気持ちよく歩いておられたのが印象的でした。

また、お客様は靴幅が広い靴ばかり履いておられるのに親指と小指側面の皮膚が剥けて肥厚気味になっていました。

外反母趾や足幅が広い方によくある問題です。靴幅が広めの靴を履くこと自体は間違っていませんが「足幅は靴にフィットしている」「足幅が靴と擦れないように靴ひもやマジックテープで足を固定する」ことを忘れがちです。

外反母趾が痛むのは靴と擦れている可能性もありえます。足をかかと側に合わせて、靴ひもなどでしっかり締めることが大切です。だまされたと思って一度靴ひもをきちんと結んで歩いてみて下さい!

お客様の「足と靴が離れないから歩きやすい!」という驚きのお言葉がまさに表していると思います。

これからお客様が快適に歩かれますことを願っております^^

FinnComfort FURANO おかげさまで完売いたしました!
FinnComfort FURANO おかげさまで完売いたしました!

インソール+靴+足=歩くためには

皆さん、こんにちは。

お昼に近づくにつれて日差しが暖かく感じられます京都です。

朝の冷え込みは厳しかったものの、1日中曇って寒かった昨日と比べると日差しが嬉しいですね^^

嬉しいのは人間だけでないようで、家にあります梅の花も次々と開花しています。ほんのりと梅の匂いがしていました。

来週あたり梅の名所で知られる北野天満宮へ行きたいところです。

 

どんなに足にあったアーチサポートインソールがあってもインソールだけで歩くことは出来ません。靴の中に入れて初めてインソールで歩くことができます。「靴」と「インソール」と「足」の別々の三者を一体化させる必要があるのです。

問題になるのが、靴の内寸にインソールと足が収まるかどうかです。

靴の既存インソールが取り外せて靴の内寸が広ければ、アーチサポートインソールは多少厚みがあっても入れられます。

靴の既存のインソールが取り外せず靴の内寸が狭ければ、アーチサポートインソールは薄くしなければなりません。

もしお手持ちの靴にオーダーメイドインソールをご希望ならばインソールを入れたい靴をご持参ください。既製品インソールの場合も同様です。店舗にはアーチサポートインソール付きの靴もご用意しています。

だいたいどの靴にもアーチサポートインソールは入るのです。そこからさらに足を入れるためインソール選びが難しくなります。

詳しくは店頭でもお話ししますので、お気軽にお声がけくださいませ^^

パンプス類には薄くて尚且つ強度のあるインソールがおすすめ
パンプス類には薄くて尚且つ強度のあるインソールがおすすめ
オーダーインソールは厚みがある分、入れられる靴は限られてしまいます
オーダーインソールは厚みがある分、入れられる靴は限られてしまいます

靴底の意外な?お話し

皆さん、こんにちは。

なんとかお天気もっています京都です。夜には雨が降るようですね。今週末いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが家では布団で寝ています。今季は旦那さんの敷布団床面にカビが!床の冷たさと電気毛布の暖かさで結露していたのでしょうか。新しい敷布団を買って、布団を干せる室内物干しを考え中です。

密閉性に優れて湿気やすい靴やインソールもカビが発生しやすいです。天気の良い日は陰干しして除湿してくださいね。

 

「靴底のかかと外側ばかりが減るんです」と心配そうにされているお客様は多いです。

かかと外側は一番体重がかかる箇所。かかと自体が体重を支えるポイントですし、かかとの骨が少し外側に位置しているため外側が減りやすいのです。心配されるほどではないのでご安心くださいね。

「なんで靴底って減るんですか」とご質問いただいたことがあります。仕事で履かれている靴の靴底を頻繁に修理されているお客様でした。

靴底はわざと減るように出来ているのです。なにも靴の修理屋さんの陰謀ではありませんよ!(笑)

靴底を減らないようにするには鉄のように硬い材質にしてしまえば解決します。が、先述した通り、かかとは体重を支えるポイントですし硬い材質では足を痛めてしまいます。また、地面からの衝撃も吸収しにくくなります。

では、足が痛まないスポンジのような柔らかい材質がいいのでしょうか。いいえ、柔らかすぎると足元が不安定になり歩きづらくなります。アスファルトの地面と擦れればさらに摩耗しやすくなるでしょう。

硬すぎず柔らかずぎず、いい塩梅の材質が靴底には使われています。例えばフィンコンフォートでは靴底にポリウレタン樹脂が使用されています。

そして、靴底が減るということは代わりに衝撃を吸収してくれているということです。

「2~3足を使い回す」ことで靴底の減りはもちろん、靴のもちも良くなるかと思います。ご参考になさってください^^

「シャークソール」サメの歯のようにクッション性と丈夫さがアップしています
「シャークソール」サメの歯のようにクッション性と丈夫さがアップしています

今週もよろしくお願いいたします!

皆さん、こんにちは。

久しぶりに気持ちよく晴れています京都です。気温もぐんぐん上昇して日差しが暖かいです。

さて、玄関に設置していました木製スロープが壊れてしまいました。見た目良くないですが段ボールで応急処置しております。お越しの際は足元気を付けてお入りください。

 

2月14日バレンタインはプレゼント渡されたでしょうか?プレゼント貰われたでしょうか?

私はありがたいことにお客様からはおしゃれなチョコを頂きました。ありがとうございます!あと、バレンタイン当日、お昼を食べに行ったレストランでおまけに生チョコを付けてくれたのも嬉しかったです。ちょっとした気遣いが心にしみますよね。

旦那さんには余っていた葛粉を使って抹茶葛餅を。チョコの要素もラッピングもなしでした^^;

2月もあっという間に半ばとなりました。冬の終わりを感じずにはいられません。フィンコンフォートの春夏新商品は3月中旬以降に入荷予定です。DMの用意もしております。しばらくお待ちくださいませ。

今週も皆さんのご来店お待ちしております。

インソール選びに答えは…なし!

皆さん、こんにちは。

お天気回復してきました京都です。とはいえまだまだ寒いですね。

今週の後半は一時的に最高気温が15℃近くあがる日もあるそうです。寒暖差による体調不良にお気をつけください。足元はしっかり暖めましょう。

明日明後日14日15日は定休日のため連休です。お間違いのないように!

 

お客様から「色んなインソールがお店やネットにあるけど、どれが良いのか分からない」とお話しいただけました。

確かに…市販のインソールは膨大な種類があります。用途も多種ですし、金額もピンからキリまで。インソール選びの悩ましいところが、身体が関わることですから唯一の答えがないところ。人によって感覚も違ってきます。

答えはありませんが、当店でご用意していますインソールは自信をもっておススメできるインソールです!ご安心ください^^

ご要望と履かれる用途に合わせたインソールを選ぶお手伝いもさせていただきます。どうぞお申し付けくださいませ。

寒い中、今週もたくさんのご来店ありがとうございました。また木曜日からもよろしくお願いいたします。

土ふまずは何でできている?

皆さん、こんにちは。

店舗周りの雪は完全にとけました京都です。

今朝、防火バケツの水面が凍っていました。今日も厳しい寒さですね…!日差しがあるのが有難いです。

交通機関はまだまだ混乱中のようでJR各線で遅延が起こっています。事前に交通状況を調べ、時間に余裕をもってお出かけください。

 

昨日、接客中に土ふまずの話になり、骨格標本を使ってご説明していました。するとお客様のお連れの方が驚かれていました。「えっ土ふまずって骨で出来ているんじゃないんですか」と。

そうなんです、土ふまずの形は骨で固定されているわけではありません。下記骨格標本を見てもらうと分かりやすいかと思います。

土ふまずは靱帯や筋肉によって形作られているのです。靱帯や筋肉が綱引きのように土ふまずを引っ張りあげているイメージです。

そもそも土ふまずの役割は「衝撃吸収」「体重分散」「推進力」「バランス」などがあります。いずれも二足歩行する人間に欠かせない役割です。

そして、役割を発揮するには土ふまず独特の特性である<バネのようなしなり>が大切なのです。例えば、体重が荷重されて土ふまずがしなる→バネのように戻ろうとする(弾性)→歩く時の推進力になる、という風にです。

土ふまずが不動の硬いものではマズいのです。なので、骨のように硬いものがあってはしなることが出来ません。

ただ、しなるゆえに土ふまずは形が崩れやすいともいえます。時間の経過とともに靱帯が伸びたり、加齢によって筋力低下すれば容易に低下します。

そこで土ふまずを支えるアーチサポートインソールが必要になってくるわけです^^お客様も2足ご購入いただけました。

小さいお店ですのでお待たせすることもあるかもしれませんがどうぞお気軽にご来店くださいませ。

土ふまずと呼ばれている部分に骨はありません
土ふまずと呼ばれている部分に骨はありません

○○にも使えるオーダーインソールのリクエスト

皆さん、こんにちは。

朝から寒い寒い1日となっております京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨夜から降っていた雪は一応止んで、日なたや歩道はすっかりとけてしまいました。10cm近く積もっていたようです。

今も日本海側は吹雪いているようです。お出かけされる方は安全第一でお気をつけください。

 

以前、趣味で登山されているお客様から「雪山登山にも使えるオーダーインソールが欲しい」とご要望いただけました。

お話しお伺いしておりましたら雪山登山は相当過酷なんですね!足先が凍傷してしまうと身動きがとれず最悪の結果になる場合もあるとか…。

オーダーインソールは「型取りしたインソール」+「底材」という2つの素材を合わせて完成します。ゆえに分厚くなってしまうのが特徴です。この分厚さだけでも地面からの冷気を遮断し断熱する効果があるとは思いますが、今回はさらに別の素材を用いてみました。

「型取りしたインソール」+「薄い断熱シート」+「底材」という風に断熱シートをインソールと底材でサンドウィッチしたのです。断熱シートがつるつるした表面のため接着しにくく苦労しました^^;

さらに「型取りしたインソール」+「薄い断熱シート」+「底材」の下に「厚い断熱シート」を敷きました。お客様の登山用靴が少し大きめで、もともと靴の中に余裕があったからできた荒業です。

店内の試着で断熱の効果を体感していただき、雪山登山も無事にされているようで安心しました。

履く場所によって履く靴を買えるように、用途に合わせてインソールを用意するのもあなたの生活を快適にする一つの手立てかもしれません。

奥の青色が「型取りしたインソール」、手前の白色が「底材」です
奥の青色が「型取りしたインソール」、手前の白色が「底材」です
青色と白色を接着してオーダーインソールの形が出来上がります
青色と白色を接着してオーダーインソールの形が出来上がります

意外と知らない?足と靴の形の関係

皆さん、こんにちは。

晴れ間がありますが時おりみぞれか小雪が降っています京都です。寒いですね~。

今日は試供品でいただいた先丸ソックスを試し履きしています。1年間の内、360日5本指ソックスを履いていますから、製品どうのこうの前に指先に違和感があってもぞもぞします^^;気になるのが指の間にかく汗。湿って冷えた感じがして…。

5本指ソックスだと指の間まで汗を吸ってくれるから快適なのです。結局5本指ソックスの販促のようになってしまいました(笑)

 

足部は立体です。当たり前ですよね。ただ、当たり前だからこそ意識していないことが多くあります。

例えば足の指。親指は大きく太く小指に向かって小さく細くなっていきます。指の長さは人それぞれですがこの形はほぼ皆さん同じです。

形の特性は靴の形にも影響を及ぼしています。靴先から靴を見ると親指側が一番高さがあり小指側は低くなっていることが分かります。足の指の形に合わせて作られているんですね。

些細なことかもしれませんがとっても大切なことです。靴の親指側と小指側が同じ高さだと、親指が靴に当たったり、小指側には隙間がありすぎて足が安定しないかもしれません。そうすれば履き心地ともに歩き心地も悪くなります。

靴は足の形状や特性を考えてこと細かに作られています。どうか大切に履いて下さいね^^

甲部分も親指側から小指側に向けてなだらかに低くなっています
甲部分も親指側から小指側に向けてなだらかに低くなっています

靴はなんのために履くの?

皆さん、こんにちは。

寒さ厳しい京都です。今週末はぐんと冷え込むそうなのでどうぞ暖かくなさってくださいね。

我が家は室内に植木鉢が大小合わせて10個もあります。寒いこの時分は植物にとっても辛い時期ですから、週末は室内の温度湿度管理を気にかける必要がありそうですね。私より旦那のほうが几帳面に面倒見てくれるので助かってます(笑)

 

本日ご来店のお客様、以前フィンコンフォートの靴を履いてらしたそうです。とても調子が良かったそうですが、履かなくなって数年経った今になって外反母趾がまた痛むようになられました。他の影響も考えられますがまずは靴を見直そうとご来店に。

先日お買い上げいただいた普段使いの靴で足の調子が良いからと本日は仕事履きの靴をお買い上げいただきました。ありがとうございます^^

会社規定の靴でないことに反発があったそうですが、規定違反でもなく認可されたそうでよかったです。

「痛みは私にしか分からないのに…」とおっしゃっていたのが印象的でした。まったくその通りですよね。

靴はなんのために履くのでしょうか?足を守り、動作をサポートするためです。痛い思いをしてまで履くものではありません。ましてや同調して履くものでもないはずです。

また、外反母趾に伴う痛みは外反角度が軽度でも十分起こりえます。逆に外反角度が顕著でも痛まない方もいらっしゃるのです。

お客様がご自身の足を思って行動されたこと、正しいと思います。皆さんもご自身の足に優しく接してあげてくださいね。

フィンコンフォート ROSEWELL \39960
フィンコンフォート ROSEWELL \39960
フィンコンフォートの靴にはすべてインソールが装着されています
フィンコンフォートの靴にはすべてインソールが装着されています

インソールで足の筋肉を動かそう!

皆さん、こんにちは。

お天気も良く、早春の雰囲気が感じられる京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

新しくパンフレットを作成するため接客の合間にパソコン作業が続いており目がしょぼしょぼ^^;

ずっと画面を見ていると遠くを見たとき一気にぼやけて見えるんですよね。これ、目の筋肉が凝り固まってピント調整ができないからなんだとか。目の老化現象でもあるそうです。気付いたら店舗の外を見て、目の筋肉を動かすようにしています。

 

筋肉は動かさないと衰えてしまいます。足の筋肉も同様です。

土ふまずを支える形状のインソール、アーチサポートインソールを使うことでまれに筋肉痛になるお客様がいらっしゃいますが、それは今まで足裏の筋肉をうまく使えていなかったからと考えられます。

土ふまずが低くなった状態の方は足裏の筋肉が使えません。衝撃吸収、推進力が使えずにすり足傾向になるのもそのためです。

アーチサポートインソールによって土ふまずの役割が補佐されて足裏の筋肉が動き出します。すると、いままで使っていなかった筋肉が動くことに。土ふまずはふくらはぎの奥にある筋肉とも繋がっていますから、ふくらはぎが筋肉痛になったようになるのです。

筋肉が動くことで血流がよくなり冷えも緩和されます。現に私が初めてアーチサポートのあるオーダーメイドインソールを履いたとき、足裏がかゆく感じられるほどぽかぽかとしました^^

ぜひアーチサポートインソールお試しください!

発送代金について

皆さん、こんにちは。

今朝は少し小雪が降りましたが今は晴れています京都です。

あっという間に2月となりました。明日3日はもう節分!当店の西隣にあります神泉苑では「節分祭」が催されます。毎年恵方巻を買わせてもらっているので今年も買いに行こうと思います。豆まきは後片付けのことを気にしてしまう年頃になったので長いことしてませんね(笑)

 

メディゲイト京都店の発送代金についてのお知らせです。

今までお客様宛の発送代金はサービスとしてご奉仕していましたが、運送会社からの値上げの告知もあり、今後は発送代金をいただくことと相成りました。

急なお知らせとなり申し訳ございません。どうかご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

発送代金はお送り先の都道府県によって異なりますので随時店頭にてご案内いたします。ご利用の際にお申し付けくださいませ。

昨今、トラック運送会社の長時間労働や人員不足が問題視されていましたよね。消費者として便利ゆえについ忘れがちな現実でした。

かくゆう私は運送会社にたいへんお世話になっています。車の運転ができないペーパードライバーなものですから重い荷物は運送会社に頼みっぱなしです。市内で買ったものを市内の家へ配送してもらうこともあります。そして、どうしても夜間配達をお願いしています。

便利さを頂いている手間賃は仕方ないのかなと思います。消費者にも生産者・供給者にもプラスになる世の中でありたいです。