足・靴・インソールへの意識

皆さん、こんにちは。

雲は多いものの晴れ間ものぞいています京都です。

夜から明日にかけては雨の予報です。お帰りの遅い方は今は降っていなくても雨具をお忘れないように!

当店は二条城が近いということもあり、たまに外国人観光客の方がいらっしゃいます。中国の旧正月が昨日から始まったとのことで、途端に中国人観光客の家族連れの姿を見かけるようになりました。暖色系のハッキリした色の服装でなんとなく中国人って分かるんですよね。

 

昨日お越し下さったお客様、「今までなんとなくで靴を履いていて一度足に合った靴を履いてみたい」とおっしゃっていました。象徴的なお言葉だなぁと思いました。

靴の選び方や履き方を教えてくれる機会も、視力検査のように足を計測する機会も、今は自ら行動しなければ恵まれません。

現代社会において靴は必要不可欠。大切なもののはずなのに「靴に足が入ったらそれでオッケー」、そんな靴選びや履き方がまかり通っているのが現状です。

ドイツでは靴の試着に2時間かけることもざらだと聞いたことがあります。欧米諸国は靴の歴史が長いですし、比喩的表現でなく就寝とお風呂以外は1日中靴を履いていますから靴という相棒選びに真剣なようです。

ただ、なにも日本は靴後進国だと卑下することはありません。まだ成長途中なだけなんです。

足が形成される子ども時代こそ足や靴やインソールが大切なはずだと発起され、「足育(あしいく)」という言葉が出来たのも当然の流れのように思います。

今このブログを読んでくださっている方は足や靴やインソールに興味をお持ちなんだと推測します。そのことが嬉しい^^

なにごとも意識をすることが行動につながります。ぜひ皆さんの意識を大切にしていただきたいです。なんだか今日はお堅い話になりました(笑)

パンプスならではの選び方のポイント

皆さん、こんにちは。

落ち着いたお天気となっています京都です。

今日は久しぶりに最高気温が10℃以上あります。が、寒くないわけではありません^^;かじかんだ指をストーブでほぐしてキーボード打っています。

 

女性のお客様でお話しをよく聞くのがパンプスの問題です。「足に合うパンプスがない」「どんなパンプスを履けばいいのか分からない」などなど。

パンプスも基本的には靴と同じです。「つま先にゆとりがありつつ、足幅は靴にフィットし、かかとは靴と離れない」

ただ、パンプスならではの選び方のポイントがもう2つあります。

  • ①はつま先を覆うアッパーの長さの違いです。左はしっかり深くつま先を覆っているのに対し、右は指の股が見えるほど浅いようです。覆っている部分が多いほど足とパンプスがフィットすることは簡単に想像できるかと思います。
  • ②はヒールの形状と高さです。左はヒールが太く短く、右は細く長くなっています。かかとは全体重の半分が荷重するところです。安定感がなければ立っていることもつらいでしょう。ヒールの高さは3cmまでがベストです。

全ての条件を満たすパンプスはプレーンのパンプスと比べると見劣りするかもしれません。しかし、パンプスは履くものです。どんなに綺麗なパンプスを履いていても足とフィットしておらず歩き方がおかしいと見栄えが良くありません。鑑賞するものではありませんから履いてこその価値があると思います。

パンプス選びのご参考になれば幸いです^^

間違った思い込みで靴の履き心地が…

皆さん、こんにちは。

なんとかお天気持ちこたえています京都です。昼頃にみぞれが一瞬降りましたが、以降晴れ間がのぞいています。

当店定休日だった昨日は雪が降ったり止んだりの気候でした。外出していると急に雪が強くなったので喫茶店に避難!すると雪が止みました^^;

寒い日は路面が凍結したり、雪がとけかかった道で滑りやすくなります。一歩一歩しっかり歩くよう心がけて下さい。

 

足の特徴として「日本人は甲高で幅広」とよく言われています。が、何百人ものお客様の足を見ていて一概にそうとは言えないと常日頃思っています。皆さん十人十色です。

ちょうど今朝お越しいただいたお客様は足の甲が低く、幅も細い女性でした。その方は「歩いていると足の甲が痛くなる」とのことでした。

普段履かれている靴はメッシュ素材でできた軽量化されたスニーカー。残念ながら靴ひもは結びっぱなしで、見るからにゆるそうです。もしかして…と思い、靴ひもをしっかりと結びなおしてから履いてもらうと「あれっ楽だ!」と驚かれていました。

ゆるい履き心地はときに痛みを感じさせます。靴の中で足が動くことで無意識に指で踏ん張ったり甲が靴と擦れるためです。靴の中でゆるくていいのはつま先だけ、つま先以外は痛くない程度にぴったりフィットしているほうが良いのです。

「日本人は甲高で幅広」という思い込みが先行して足よりも大きな甲高で幅広な靴を履いたり、窮屈感をおそれてゆるく履いていると歩き心地が悪くなることが多々あります。

先述しましたお客様のように、せめて靴ひもやマジックテープだけはしっかりと留めて履いてみて下さい!

オレンジ色の部分(ウエスト)は靴としっかりフィットしている必要があります
オレンジ色の部分(ウエスト)は靴としっかりフィットしている必要があります

爪トラブルと靴選び

皆さん、こんにちは。

寒空の下、小雪が舞っております京都です。

京都市に大雪警報が発令しているようです。中京区では小雪程度ですが、北区の北部では強く降っているのかもしれませんね。ご注意ください。

あわせて雷注意報もでており、不安定なお天気ということがうかがえます。明日も今日のようなお天気が続くようです。

明日火曜日は定休日です。お間違いのないよう、ご注意ください。

 

巻き爪でお悩みの方は靴選びが特に大切です!爪を圧迫させないようにつま先の前に空間の余裕があり、足が前滑りしないよう靴ひもやマジックテープで留めることが望ましいです。

また、爪の切り方で巻き爪を予防することができます。爪先の白い部分を1mmぐらい伸ばし、四角くカット(スクエアオフ)すること。画像をご参照ください。

爪先の白い部分というのは指に引っ付いているようで指先の皮膚から離れた状態です。皮膚から離れて水分がなくなり乾燥して白くなっています。この白い部分はこれから生えてこようとする新しい爪の道しるべになっているんですね。

白い部分がないほどの深爪、丸くカットすることは厳禁です。爪はまっすぐ生えようとしますから皮膚に食い込んでしまいます。

巻き爪と聞くと足だけがなるものだと思っていましたが、手も巻き爪になる方がいらっしゃるようです。いやはや、知りませんでした。

それでは来週も皆さんのお越しをお待ちしております。

四角く切った爪の角をヤスリがけして引っかからないように!
四角く切った爪の角をヤスリがけして引っかからないように!

アーチサポートインソールってなに?

皆さん、こんにちは。

今日も冷え込み厳しい朝となりました京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

毎日たくさんのお客様にご来店いただき、ブログを書く時間がなかったのでこうやって文字を打っているのが久しぶりに思います^^;

小さいお店ゆえにお客様をお待たせすることもあるかと思います。どうかご了承くださいませ、すみません。

遠方からご来店の方、オーダーメイドインソールをお考えの方は事前でお電話でご予約いただくのが得策かと思います。よろしくお願いします。

 

さて、前回ブログの続きです。「アーチサポートインソールってなに?」ということです。

アーチサポートインソールは、簡単に言いますと、足裏にある土ふまず(アーチ)を支える(サポート)形状をしたインソールのことです。

足裏には土ふまず(内側縦アーチ)の他に外側縦アーチ・横アーチ、計3種類のアーチがあります。そのアーチたちが骨組みとなって、足裏にドームを形成しているイメージをしてください。

ドームは「身体のバランスをとるため」「歩く時の衝撃を緩和するため」「歩く時の推進力を増すため」など二足歩行する我々にとって必要不可欠なものです。

しかし、ドームの骨組みであるアーチは筋力低下や生活環境(合っていない靴)などでたやすく形をくずしてしまいます。すると様々なトラブルが起こりやすくなります。外反母趾や開帳足、足の疲れやだるさなどもその一つです。

例えば、昨日お越しのお客様は足底腱膜炎でお悩みでした。足裏にあります足底腱膜が緊張状態になり痛みを伴う足底腱膜炎は、アーチサポートインソールで足底腱膜を支えることで緩和される場合があります(※治療ではありません)

足裏にある土ふまずは歩くために大事だけれど簡単に形を崩してしまう、なのでインソールでじかに支えてしまおう!ということです^^

詳しくは店頭でお話しさせていただきます。皆さんのご来店お待ちしております。

大まかな足裏アーチ3種の位置
大まかな足裏アーチ3種の位置
アーチサポートインソールの一例
アーチサポートインソールの一例

ただいま在庫商品がお買い得価格です!

皆さん、こんにちは。

雨雪はないものの、依然冷え込み厳しい京都です。

日陰の歩道や屋根にはまだ先週末の雪が残っています。かくゆう当店も玄関付近の屋根に雪が残っており、したたる雪解け水にご注意ください。

明日明後日も京都府南部は雨か雪の予報となっております。暖かい恰好でお過ごしくださいませ。

 

ただいま在庫商品の靴に限りましてお買い得価格でご奉仕させていただいております。皆さん、早速のご来店ありがとうございます^^

「足のトラブルが軽減したからフィンコンフォートの靴しか履きたくなくて」「インソールがとっても良い」など嬉しいお言葉をいただいております。

当店で取り扱っています靴はインソールが最も重要だと言っても過言ではありません。なぜならインソールは靴の内部で一番足に接している面積が多く、身体を支える土台だからです。歩き心地や履き心地ともにインソールが最も大切なのです。

なかでもアーチサポート機能のあるインソールが望ましいです。「アーチサポートインソール」とは、足裏にある土ふまず(アーチ)を支える(サポート)形状をしたインソールのことを指します。

ちょうどお電話でもインソールについてお問合せいただきましたので、次回のブログでアーチサポートインソールについて詳しくご説明いたしますね。

フィンコンフォートの靴(手前)にはもともとコルクインソール(奥)が付属してあります
フィンコンフォートの靴(手前)にはもともとコルクインソール(奥)が付属してあります

雪の1日

皆さん、こんにちは。

雪の1日となりそうな京都です。10cmほど積雪しているのではないでしょうか。2,3年前の元旦ぶりです。

店舗周りももちろん積雪しており、出入り口のところだけでもなんとか除雪しました。足元十分にお気をつけください。

先ほどロングコートにタイツ姿の女性がヒールのあるパンプスを履いておられて…。どうか今日だけでも暖かい恰好なさってください。お仕事の都合上、致し方ないのかもしれませんが雪の日にあの恰好は何が何でも酷すぎます;

そして、今日は市内で皇后杯女子駅伝の開催日です。この雪の中、開催決定ということでランナーの方もどうかご無事で。

今も深々と雪が降っています。上記の駅伝により交通規制も敷かれていますし、不要不急のお出かけは延期された方が良いかもしれませんね。

今週は明日16日まで営業、17日18日は定休日のため連休となります。皆さんのご来店お待ちしております^^

靴は歩くためのもの

皆さん、こんにちは。

ボタン雪が降ったり止んだりと荒れたお天気になっています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

天気がコロコロと変わるのは、ちょうど京都市内の上空が寒気と暖気の境目だからのようです。現に市内より北は雪雲が発生し、市内より南には雪雲がありません。明日のお昼ごろまでこのお天気続くようです。

雪は降っていなくても風が強くて、店先にあるイチョウの木がずっとなびいています。寒そう…!

 

お天気悪い中でもご来店いただきましてありがとうございます^^

あるお客様が「こんなに歩きやすいなら普段履きにしたいけど、値段はるしもったいないわぁ」とおっしゃっていました。

いえいえ、歩きやすいのなら普段履きにしていただいてガシガシ歩いてください。靴は歩くためのものですから、お値段をかけたものはとことん使いつくさないほうが勿体ないです。また、靴の場合は履かずに靴棚にしまいっぱなしにしていると「加水分解」と言って靴底が割れてしまう原因にもなります。

よく使うものにこそお金や愛情をかけたほうが良い、と私は思います。例えば、寝間着。以前は着古したTシャツやトレーナーを寝間着がわりにしていましたが、専門店の寝間着に取り替えて考え方が変わりました。それぐらい着心地が違ったのです。たかが寝間着と思っていましたが、1日の3分の1以上着ている寝間着にお金や愛情をかけない手はありませんでした。

私事の話になってしまいましたが、お買い物のときの参考になれば嬉しいです。

FinnComfort FURANO \41040
FinnComfort FURANO \41040

色んな靴に入れられる薄型インソール

皆さん、こんにちは。

空気がピンと張りつめて冷たいものの、日差しにはほのかな暖かさを感じます京都です。

いまも十分に寒いんですが寒さのピークは今週末、市内でも降雪する予報です。お出かけの際は服装や交通機関の影響にお気を付けください。

 

以前にバウアーファインドの薄型インソールをお買い上げのお客様が、新しいインソールをお求めにご来店くださいました。ありがとうございます^^

お客様はビジネスシューズにインソールを入れてお仕事されているそうです。以前のインソールは表面がぼろぼろになっており、いかにご愛用していただいたかが目に見えて感じられました。嬉しい瞬間です。

物は試しにということでインソールを入れて履いてみると足の不調が緩和されたそうで「インソールなしでは歩きたくない!」ほどになったそう。以前と同サイズのインソールをお買い上げくださいました。

インソールの良さは口頭で表現するのが難しいところがあります。その反面、履いてもらえるとすぐに良さが分かってもらえるのがアーチサポートのインソールのいいところです!ぼろぼろになってしまったインソールも捨てるのが惜しいからと普段履き以外の靴に入れるとおっしゃっていました。

また、バウアーファインドの薄型インソールは薄い形状のために色んな靴に入れられるのが嬉しいところです。ぜひ店頭でお試しくださいませ。

エルゴーパッド(薄型インソール) 強度を3段階に分けた仕様です \8900+税
エルゴーパッド(薄型インソール) 強度を3段階に分けた仕様です \8900+税
パッケージのようにヒールの高さが違う靴にもそれぞれ入れることができます
パッケージのようにヒールの高さが違う靴にもそれぞれ入れることができます

フィンコンフォートのインソール

皆さん、こんにちは。

寒々しい1日となっております京都です。

今週末はかなりの冷え込みだそうです。どうぞ身体を温めてお過ごしくださいね。

私は昨日身体を温めるはずが湯冷めしてしまったようで、喉の調子がまた悪化してしまいました;お聞き苦しい声ですみません。

 

先ほどフィンコンフォートのコルク製インソールを初めて触ったお客様が「こんなに硬くて痛くないの?」とおっしゃっていました。

はい、痛くありません^^コルクは耐久性と弾力性に優れているインソールにもってこいの素材です。

インソールに触る時、指先の「点」でしか触れないと確かにコルク製は硬く感じられます。しかしながら、インソールは足裏全体の「面」で乗るものです。コルクインソールの耐久性を頼もしく感じていただけると思います。

また、全体重を支えてくれるインソールは柔らかすぎては不安定に感じることもあるのでそれなりの硬さは必要だと考えています。

胼胝やウオノメがあるお客様にはインソールの一部分だけを柔らかい素材で加工するか、フィンコンフォートのクッションインソールがおすすめです。

インソールのお問合せやご相談もお気軽にお申し付けくださいませ。今週もよろしくお願いいたします。

フィンコンフォートの靴には必ずインソール(写真左上)が付属しています
フィンコンフォートの靴には必ずインソール(写真左上)が付属しています

閑話休題・成人式とラジオの話

皆さん、こんにちは。

曇り空の成人の日となりました京都です。

今朝、振袖を着た新成人を美容室や地下鉄車内でお見かけしました。華やかななかにもまだ背伸びした子どもっぽさがある姿で、そう思うことに自分も年をとったなぁと思いました。

姪が二十歳になり、今日の成人式にも参加しているようです。自分が子育てしたわけではありませんが、赤ちゃんの頃から知っていますので感慨深いものがあります。どうかこれからも健やかに自由に楽しい大人の生活を過ごしてほしいです。

 

突然ですが、私はデヴィッド・ボウイが好きです。昨年の1月10日Dボウイが死去し、悲しみのブログを書いたこともあります。あれからもう1年なんですね。

1月9日である今日はNHKFMラジオで「今日は一日”デヴィッド・ボウイ”三昧」という番組がなんと10時間!流れるそうです。

…なにが言いたいかもうお分かりでしょうか。今日の店内BGMはラジオ「今日は一日”デヴィッド・ボウイ”三昧」です。個人的趣味をどうぞお許し下さい~^^;ラジオに夢中にならず、接客はしっかりさせていただきます(笑)

今週もご来店ありがとうございました。明日火曜日は定休日です。お間違いのないようにお気をつけください。

オーダーインソールのご注文パターン

皆さん、こんにちは。

午前中から雨が降り続いています京都です。日差しもなく、冷え込んだ1日ですね。

今日もたくさんのご来店ありがとうございました。3連休最終日の明日も営業しておりますのでお越しをお待ちしています!

 

5年以上前からオーダーメイドインソールをご注文いただいているお客様にお越しいただけました。ありがとうございます^^今回もインソールのご注文で計4足目です。インソールは予想以上に消耗します。インソールの経年変化により履き心地が変わったら補修もしくは作り変えがおすすめです。

オーダーメイドインソールをご注文のお客様は「①店頭で販売している靴に入れる」「②お手持ちの靴に入れる」「③完成したインソールを持って他店さんで購入した靴に入れる」、この3パターンに分けられます。

  • 「①店頭で販売している靴に入れる」場合、店頭に用意しています靴にはもとからインソールが入っているものがほとんどです。既存のインソールを取り外してオーダーインソールを入れられるため、オーダーインソールと相性の良い靴と言えます。
  • 「②お手持ちの靴に入れる」場合、オーダーインソール型取りの際に必ずご持参ください。お手持ちの靴(ローファー、パンプスなど)によってはオーダーインソールを入れられないこともあります。お手持ちの靴でもインソールが取り外せるスニーカーなどは比較的相性が良いです。
  • 「③完成したインソールを持って他店さんで購入した靴に入れる」場合、先にオーダーインソールを作成してから靴を用意することになります。オーダーインソールの厚み、つま先の形はスタンダードになるので、靴によってはインソールが厚すぎたりつま先の形が合わなかったりすることも。アフターフォローもできますのでご相談ください。

おすすめは①か②ですね。やはり事前に入れる靴がある方が形を合わせて作れるのでぴったりフィットしやすいです。

オーダーメイドインソールをお考えの方のご参考になれば幸いです^^

ある親子連れのお客様の場合

皆さん、こんにちは。

冷え込んでいますが良いお天気に恵まれています京都です。

今日は七草粥の日ですね。喉が痛く、口内炎が連発している我が身にはありがたい日です^^;

身体の不調は「身体からのサイン」とも言えます。心はちょっとの無理や我慢がききますが、身体は素直で無理をすると教えてくれます。心も身体のように素直に自分に優しくありたいものです。

 

ある親子連れのお客様にご来店いただけました。お母さんは10代のお子さんの偏平足を気にされておいででした。

ストレッチやエクササイズ、アーチサポートのインソール、足に合った靴の重要性をご説明させていただき、お子さんだけでなくお母さんも一緒に納得してお話しを聞いてくださいました^^

「靴にも正しい履き方があるんです」とお話ししているとき、お母さんが「履き方にも善し悪しがあるんですか!」と驚かれたことにハッとさせられました。

「かかとに合わせて足入れする」「靴ひもはしっかり結ぶ」などの基本的なことなんですが知らなかったり、実践されている方はまだまだ少ないのです。詳しくは「靴の履き方」をご参照ください。

あと気になったことはお子さんの体つき。スタイルが良いといっていいのか、昨今、細くて筋肉量の少なそうなお子さんが多い印象です。土ふまずは筋力によって引き上げられています。筋力が低下すれば、アーチも低下しやすくなります。生活環境や行動手段が昔と今では違うということを感じます。

今からも別の親子連れのお客様にご来店いただけます。ありがとうございます!若い内から足の健康を気にされることは大切です。皆さんもぜひ足の健康を意識してくださいね。


2017年明けましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます。

今日から2017年の営業がスタートいたしました。本年もどうぞメディゲイトをよろしくお願いいたします。

さて、皆さんはどのような年末年始を過ごされましたでしょうか?私はいつにもましてぐうたらな年末年始となりました。元旦早々に夫婦で風邪をひいてしまい、ぐうたらせざるおえなかったという理由もあります^^;

 

年始は友人と初売りに出掛けました。折りたたみ傘が欲しいという友人、「手元が四角く、中棒が長くて(55cm以上)、軽量な傘」が欲しいと聞いてびっくり。私が折りたたみ傘を買うときはせいぜい「デザイン」にしか気にかけていなかったからです。こだわりの多さに驚いたのでした。

友人曰く、長時間傘をさしていると手元が丸いと持ちにくく、中棒が短いと腕を引き寄せるため持ちにくいからとのこと。

言われてみると折りたたみ傘のタグには重量、中棒のサイズ、ワンタッチの自動開閉など色んな情報が載っています。今まで気にしていなかったので目にもとめていませんでした!

ふと「インソールや靴にも同じことが言えるなぁ」と思いました。私が折りたたみ傘を「デザイン」だけで選ぶように、インソールや靴を「デザイン」だけで選ぶ人がいてもおかしくありません。その物の優れた機能性を知ることもなく…。これってとってももったいない!

反省しました。モノがあふれている今、見た目だけにとらわれずせっかくならば機能性も重視しよう。そして、インソールや靴の機能性を皆さんにお伝えしよう^^

今年も店頭でブログで皆さんの手助けが出来れば幸いです。