私のフィンコンフォート

当店でフィンコンフォートをお買い上げいただきましたお客様をご紹介するシリーズです。

同じようなお悩みや年代の方のご参考になれば幸いです。

<お悩み>

<リクエスト>

<年代・性別>



私のフィンコンフォート Vol.2

皆さん、こんにちは。

空気がツンと冷たいものの日差しに温かみを感じる京都です。

ブログ読者の方はお気づきかと思いますが、ここのブログ、2名のスタッフで書かせてもらっています。

主にブログを書いているのが私・岸本で、近藤がサブブロガーです。文体が違うので一目瞭然ですね。私のブログは文章が長すぎて読みづらいなと書きながら思っています^^;分かっているのに長くなる…。

 

先週から「私のフィンコンフォート」というシリーズでブログを書かせてもらっています。当店でフィンコンフォートをお買い上げいただきましたお客様をご紹介するシリーズです。

今日お越しのお客様は、以前から当店にお越しのT様(50代男性)。実は前にもブログでご紹介させていただきました^^

ご来店当初、T様は「足に合う靴がない」とお悩みでした。「靴は痛くて当たり前」ともおっしゃっておられ、靴選びで苦労されていたことがうかがえます。

偏平足のT様にぴったり合ったのは「1032/ZAO」でした。

履き始めから「どこにも痛みがない!」と驚かれ、今ではZAOを色違いで3足お持ちです。ありがとうございます!

偏平足に有効なアーチサポートインソール、靴幅が広いこと、ショートブーツのため足首まで支えられることなどがT様の足に合った理由かなと思います。

残念ながら、ZAOはフィンコンフォートの定番在庫から外れます。同じ靴型で短靴の「VAASA」は定番在庫としてご用意しておりますのでご安心くださいませ。

同じようなお悩みをお持ちの方のご参考になれば幸いです。これからも随時「私のフィンコンフォート」更新していきますね。

それでは、今週も皆さんのお越しをお待ちしております^^

一番左の「カフェ」を新しくご購入頂きました、ありがとうございます^^
一番左の「カフェ」を新しくご購入頂きました、ありがとうございます^^

私のフィンコンフォート vol.1

皆様、こんにちは。

メディゲイト京都店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回からの新シリーズ「私のフィンコンフォート」が始まります!!

お客様よりどんな風に履きこなしたいいのかわららない。フィンコンフォートはいいと聞いたがどんな方が履いているの?

などの質問を受ける機会が多く、少しでもフィンコンフォートをイメージしていただきたいと考えました。

 

そこで、「私のフィンコンフォート」と称して、メディゲイト京都店のお客様の足元をご紹介していくシリーズになります。

 

第1回目のお客様はA様(80代女性)、H様(80代女性)のご姉妹です。

足元に不安を感じておられたお姉様が歩行に機能的なフィンコンフォートを愛用され、今ではご姉妹で愛用されています。

屋内・外でフィンコンフォートを使い分けられており、サンダルタイプ<PISA>やブーツタイプ<TOYAKO>も使用

されています。

 

それぞれのインソールをポイント調整やオーダーメイドも一緒に担当させてもらっており、

定期的に歩行チェックを行い、セルフエクササイズをご提案しています。

 

洋服に合わせてすっきりとした雰囲気で大変お似合いです。

 

(左側)3609/KOMAZAWA (右側)2973/HUDSON