これからの季節に活躍する新商品インソール!

皆さん、こんにちは。

晴れた空が心地よい京都です。気持ちの良い天気が続いています。連日、洗濯物がカラッと乾いて快適です。

今が1年でもっとも過ごしやすい季節かと思います^^お出かけお楽しみくださいね。

 

だんだんと暑くなってくると靴の中の蒸れが気になる人も多いのでは。今日は今からの季節にピッタリの新しいインソールのご紹介です!

その名も「VIVA SUMMER」、ペダック社のインソール・VIVAの夏バージョンです。

なにが夏バージョンかというと、まず足裏に触れる面がタオル生地のようなテリーコットンでできています。銀イオン配合で汗を吸収し靴の中を清潔に保ってくれます。

また、裏面はシサル麻という繊維で通気性が抜群です。明るいところでかざすと光が透けるほど。

靴の中でも特につま先は湿気がこもりやすいところです。空気の逃げ道がなく、湿った空気がつま先にたまります。少しでも通気性の良いインソールが良いですね。

もちろん足裏を支えるアーチサポートの形も健在!夏も快適なインソールライフをお過ごしください^^

VIVA SUMMER \2268
VIVA SUMMER \2268
気持ちいい肌触りのテリーコットン
気持ちいい肌触りのテリーコットン
裏面はシサル麻で少しでも通気性良く
裏面はシサル麻で少しでも通気性良く

令和もよろしくお願いいたします!

皆さん、こんにちは。

さんさんと輝く日差しに涼やかな風が気持ちいい京都です。GWいかがお過ごしなされたでしょうか。

私も長い連休をいただきました。GW中の出来事としては、裏庭にハーブを植えたり、子がさらにパワーアップして成長著しかったり、あとは名古屋に行ったぐらいで遠出はしていません。地元のほうが人が少なくて快適だったように思えます(笑)

 

メディゲイト京都店にはGW中もたくさんのお客様がお越しくださいました。誠にありがとうございます!ご来店が重なり、お待たせすることもあったようで申し訳ございません。

GWならではで他府県からお越しの観光客の方が多かった印象です。

午前中にお越しの方も他府県から観光に来られており、以前からずっと気になっていた小趾の痛みについてお話ししてくださいました。結果としてはお持ちのインソールを加工させていただきました。少しでも快適になればと思います。

病院に行くほどではない、かといって靴屋ではなにもできない、「病院と靴屋の間に位置して足の健康を考え実践するのがメディゲイト京都店の役割なのかな」と以前から感じています。

令和もこの精神で精進いたします。どうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします^^

当店のGW営業スケジュール

皆さん、こんにちは。

風が強くふいて肌寒く感じるGW初日の京都です。いかがお過ごしでしょうか。

異例の長さの10連休が始まりました。そして、今年のGWは年号が変わる節目でもありますね。

「令和」(いつのまにかパソコンで一発変換できるように!)、発表当時は見慣れないと思っていましたがニュースやらでもうすでに見慣れた気がします。私は昭和生まれなので「〇和」に安心感があるのかもしれません。

 

改めてGW中のメディゲイト京都店の営業スケジュールです。

  • GW店休日 ▶ 4月30日(火)、5月3日(金) ~ 5日(日)   ※定休日が日曜日のため、4月28日(日)も店休日です

お客様のご来店が重なりますとお待たせすることがあるかもしれません。ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。

お時間に余裕がない、来店日時が決まっている場合は事前にご連絡いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

皆さんが元気で楽しいGWを過ごされることを願っております^^

メディゲイト京都店紹介動画公開!

皆さん、こんにちは。

薄曇りの少し蒸した気候の京都です。

朝に降っただけで午後はまだ雨降っていません。雨が降りやすい1日に変わりはないので雨具をお忘れなく!

桜は葉桜に、今はハナミズキが見頃ですね。ずいぶんと過ごしやすい気温にもなって季節の移ろいを感じます。

さて、本日は動画の紹介です!

メディゲイト京都店を紹介する動画(2分ver)をお披露目しております。ぜひご覧になってください^^

「(メディゲイト京都店はなにをしているのか)分かりづらい」というご意見があり、知ってもらうためにはどうすればいいのか話し合って一つのツールとして動画を使うことになりました。

この動画はメディゲイト京都店を知らない方への店舗紹介動画です。メディゲイト京都店にはどんなスタッフがいて、どんなサービスがあって、どんなお客様におすすめなのかご案内しております。

店頭でも御池通に向けて流しています。そのため音声は入っていません。

また、スタッフインタビューを交えた長編バージョンも鋭意製作中!人前に出るのが得意でない私もインタビューを受けております。なかなか声がはれず苦労しました。温かい目で見て頂ければと思います…(笑)

今月も残りわずか、皆さんのお越しをお待ちしております^^

GW店休日 ▶ 4月30日(火)、5月3日(金) ~ 5日(日)

靴のかかとは〇〇な方が良い!

皆さん、こんにちは。

暖かな日差しも風も春そのものの京都です。今日は天気が良く、観光客の方が多いです!

午前中には外国人の方に道を聞かれ、ジェスチャーでなんとかうまく伝わった…と思いたいです(笑)

さて、今日のブログは「靴のかかと部分は柔らかいほうがいい」という誤った思い込みについてお話ししますね。

お客様でも「靴のかかと部分が硬くて痛くなるんです」とおっしゃる方がおられます。ここで言う「靴のかかと部分」とはヒールカーブを指します。

硬いから痛くなるのではなく、靴とかかとがこすれて痛くなっているのではないでしょうか。いわゆる靴擦れですね。

靴とかかとがフィットしていないと靴擦れは起こります。例えば、プレーンパンプス。プレーンパンプスは留め具がなく履き口が広いのでパンプスと足をフィットさせることが難しいです。前滑りした足はかかとが浮いて、ここでパンプスとかかとがこすれます。

靴とかかとが一体化して、かかとの動きに靴が追随すれば靴擦れは起きないはずです。

なので、靴のかかと部分が硬くても柔らかくてもフィットさえしていればいいのです^^

ただ、靴のかかと部分が柔らかいと歩きづらいことが…。かかとは体重のおよそ60%を支えている支柱、さながら「背骨」のようなもの。一本筋が入ってこそ本領を発揮します。

このお話しをすると驚く方多いんです。靴は柔らかくて軽ければ良いと思い込んでいる人がそれだけ多いんですね。

お出かけ日和な季節になってきました。足元から快適にお出かけされますことを願っております。

青い線が「ヒールカーブ」、青く塗った部分が「ヒールカウンター」です
青い線が「ヒールカーブ」、青く塗った部分が「ヒールカウンター」です