<ブログ内検索>


たいせつなお知らせ

皆さん、こんにちは。

春の雨になっております京都です。

ブログの更新がご無沙汰になってしまい申し訳ございません。諸々ドタバタとしており、ブログが後手後手になっていました。

そして、たいせつなお知らせがございます。

2006年に三条御幸町で開店以来14年にわたり皆様にお越し頂きましたメディゲイト京都店は、諸般の事情により、今年5月10日をもちまして閉店いたします。

突然のご報告になり、申し訳ございません。

長きにわたってご来店くださいましてスタッフ一同、心より感謝申し上げます。そして、閉店によりお客様にはご不便ご迷惑をおかけしますことたいへん心苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

下記に何点かお伝えすることがございますのでお読みください。

  • 閉店に伴い、4月1日から5月10日まで在庫商品売り尽くしセールを実施します。
    靴、インソール、靴下など40~60%オフとなっております。(オーダーメイドインソールは除く)在庫商品限りとなりますのでお求めの方はお早めにお越しくださいませ。ご来店のお客様の人数によってはお待たせすることもございます。申し訳ございません。
  • 当店でお買い上げくださいました靴の修理は4月15日までは当店で受付可能です。
    4月16日以降はコンフォートシューズ代理店会社・シアンインターナショナル株式会社さんへ一度ご連絡いただき、お住まいの地域の最寄りの修理受付可能店舗をお伝えします。
    シアンインターナショナル株式会社(FinnComfort、durea、Schneider等輸入代理店)
    〒111-0034東京都台東区雷門2丁目20番2号
    電話:03-3841-1192(受付時間 平日9:30~18:00)
    FAX:03-3847-4645
    メール:sic-cs@shian-inter.co.jp
    土・日・祝日休
  • メディゲイト小浜本店は今後も継続していきます。5月11日以降にメディゲイトへご用の方は「電話0770-59-1030(医療法人三愛会内)・福山」までご連絡くださいませ。
    メディゲイト小浜本店
    〒917-0075 福井県小浜市南川町12-13
    電話:0770-59-1030(医療法人三愛会内)
    メール:medgait@cpost.plala.or.jp
    連絡担当者:福山支伸

5月10日まで残り1か月少し、どうぞメディゲイト京都店をよろしくお願いいたします。

靴が合わない原因は「〇〇が分からない」から?

皆さん、こんにちは。

雲一つない気持ちのいい快晴となっています京都です。どことなく通りを歩く方も多いような?

 

「靴が合わない」などのお悩みの一要因として、「足やTPOに合った靴の選び方が分からない」ことが大いに関係あると最近思っています。

市販されている靴は(よっぽど粗悪品でない限り)靴の機能性を考えて作られている靴のはず。なので、靴が悪いわけではなく、お見合いパーティーのように靴と人を結びつけることが難しいのではということです。

例えば、靴会社が「この靴はエレガントだから冠婚葬祭向けに履いて欲しい」と思っていても、履く人が「この靴はエレガントだからいっぱい歩きたいし旅行に履いていこう」と思っていたら、靴と人の間にミスマッチが生じます。

冠婚葬祭向けということは長時間歩くことを想定していません。なのに、長時間、それも靴を履き替えられない旅行中に履いたら、足が痛むことは想像にたやすいです。

靴と人の間にあるミスマッチが「靴が合わない」難民を生み出しているのではと思いました。

靴を選ぶとき、何を優先するのか明確にしておきましょう。「歩きやすさ」「履きやすさ」「見た目」「色」「価格」などなど…。

「歩きやすくて履きやすくて見た目も好みで好きな色で好きな材質の買いやすいお値段の靴」は世界中を探せばあるかもしれませんが、出会える確率はかなり低そうです^^;

靴を選ぶとき、自分の足の特徴を知っておきましょう。足のサイズ、形、特徴を把握することは靴選びの肝です。「実寸が23.3cmだから靴は23cmと23.5cmで履き比べよう」、「自分は甲が薄いからひも靴にしよう」など指針ができます。

靴を選ぶとき、靴屋の店員さんやシューフィッターにお任せするのも手です。自分の足の特徴を把握しても、様々な靴の特徴を把握するのは現実的ではありません。店員さんの知識を借りた方が無難です。

皆さんが快適に歩かれる手助けになりますことを願っております^^

自分の足の特徴が知れる計測コース(550円)ございます
自分の足の特徴が知れる計測コース(550円)ございます

靴の履き方を見直そう!

皆さん、こんにちは。

薄曇りの空模様となってきましたが寒くない小春日和の京都です。

FinnComfort春夏商品の販促物も届きましたし、春がそこまできていますね。と、書いていたら時雨れてきました。お天気の移り変わりが激しいのも春らしいです。

 

当店をテレビの再放送でご覧になった親子連れのお客様にお越し頂けました。ありがとうございます!

娘さんの足が気になっているということで計測、足の特徴をチェックさせてもらいました。

お話ししていく内に靴の履き方の話に。当ブログ読者の方には耳にタコの<靴の履き方>「靴はかかとに合わせて、つま先にはゆとりを」に驚かれたことが印象的でした。「思い込みでつま先を靴に詰めて、かかとをゆるく履いていました」とおっしゃっていました。

つま先をグイグイと靴の中に押し込んで履く方、多いです。それも靴ひもを緩めずにそのまま押し込んで、足が上手く入りません。結局、靴のかかと周りを踏んづけてから靴のベロを引っ張って無理やり履くことになります。私の父がその典型的な履き方をしていました^^;

この履き方では靴を傷めますし、何より快適に歩ける履き方ではありません。せっかくの靴の機能を無視しています。

靴とかかと、靴と足の甲はぴったりフィット!靴とつま先だけは指が動かせるほどのゆとりが必要です。

詳しくは店頭でもお話ししています。今週も皆さんのお越しをお待ちしております^^

かかとに合わせて靴入れし、マジックテープもしっかり締めましょう!
かかとに合わせて靴入れし、マジックテープもしっかり締めましょう!

久しぶりにインソールを購入されたお客様

皆さん、こんにちは。

桃の節句は良い日和となっています京都です。

家でも数日前からお雛様とお内裏様の二体を飾っています。子は毎日見に行ってはイチゴやお菓子をお供え、朝になるとお供えした食べものがなくなっているので喜んでいます(笑)

 

先日お越しのお客様は数年前にお買い上げのインソールが調子良いということで再度購入にお越しくださいました。ありがとうございます!

なんでもしつこいウオノメがお買い上げのインソールを使用してから消えたそうです。

ウオノメや胼胝は局所的な負荷によって発生することがあります。インソールを装着することで局所的な負荷がかからなくなり、結果としてウオノメが消えた可能性はあります。インソールは医療品ではありませんから治療効果はございませんのであしからず!

お客様の場合、甲が薄い足をされていたので「インソールを靴に装着→靴と足がよりフィット→足裏の負担も減」とも考えられます。

お客様はご夫婦でお越しくださり、お二人ともに足の計測をさせてもらいました。帰り際、旦那様に「足の健康診断をしてもらった気分」と喜んでいただけたことが嬉しかったです。

足はあなたの土台です。そして、靴とインソールはその土台を支える地盤です。ぜひ一度、インソール体験してみてください^^

当店のインソールはすべてアーチサポートがついています。インソールにある凹凸によって、足裏の凹凸を支える機能です。
当店のインソールはすべてアーチサポートがついています。インソールにある凹凸によって、足裏の凹凸を支える機能です。

靴とインソールと足の相性&マスク着用のお知らせ

皆さん、こんにちは。

晩冬らしい気候となっています京都です。

昨日は臨時休業となり、申し訳ございませんでした。子が怠そうで、新型コロナウイルスが流行っている時期が時期だけに一日様子を見させてもらいました。結果、発熱せずに快方しました。ご迷惑をおかけいたしました。

あわせて、新型コロナウイルス予防として営業中にスタッフがマスクを着用しております。なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

先日足の計測をさせていただいたお客様がインソールをお買い上げにお越しくださいました。ありがとうございます^^

初めてご来店くださった時に履いておられた靴が普段履かない靴だったので、改めてよく履く靴を履いてお越しくださったようです。

インソールはどんなに性能が良くてもそれ単体だけでは歩くことが出来ません。インソールを靴に入れなければ歩けないのです。

つまり、靴とインソールと足の三者の相性が大切ということです。そのためインソールを購入・試着される際はよく履く靴を持参されるか履いていくのがオススメです!

よくある事例が「靴にインソールは入ったけれど、足を入れると窮屈に感じる」ということです。

靴にもともと備え付けてあるインソールが取り外し出来ない場合、既成インソールを重ねることになります。既成インソールの厚み分、靴の中は狭くなりますから足入れすると窮屈になることは明白です。

「インソールが取り外せる靴に変更する」「薄い既成インソールに変更する」かになります。

 お客様の場合、お持ちのスニーカー数足にインソールを入れ替えたいということで「薄い既成インソール」をお買い上げくださいました。

インソールの性能だけでなく、靴との相性も考えてインソールをお求めくださいませ。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております!

アーチサポートインソールにもいろんな種類があります
アーチサポートインソールにもいろんな種類があります
インソールの厚みが違えば、入れられる靴も違います
インソールの厚みが違えば、入れられる靴も違います